FC2ブログ

念のために

昨日、会派控室で資料整理などの執務。
以前おご意見をいただいておりました市営住宅解体に際してのアスベスト処理に関する資料が、建設委員会に配布された後に入手できましたので、先方にお届けさせていただきました。

3日前から下痢が続いています。そんなに激しい腹痛はないのですが、1時間に1回のペースでトイレに駆け込まなければならない状況です。最近、体調管理には気を付け暴飲暴食をしているわけでもなく、変なものを食べた覚えもないのですが…
今日から、連休に入るので、念のため午前に病院で診察してもらおうと思っています。

姉妹都市の絆

昨日、姉妹都市である八王子市議会から、この度の胆振東部地震災害に対して見舞金18万円を送付いただけるとの連絡が入り、八王子市議会の伊藤議長、村松副議長にお礼の電話を入れさせていたただきました。
その際にも正副議長から「こちらの方で何かできる事があれば言ってください」とおっしゃっていたたき、長年にわたる姉妹都市間の絆を改め有難く感じた次第です。

一昨日、中小企業家同友会9月例会が開催され『東胆振における「食」と「匠」の新たな挑戦』と題し、同友会会員でもあるマルゼン食品㈱ 三古田和宏社長、白老和牛王国 上村牧場㈱ 上村篤正社長のお二方にから、地域資源の「食」を生かした海外も含めた販売戦略や地域ブランドの構築についてお聞かせいただきました。
同友会活動では「会員一人ひとりが、辞書の一ページ」という言葉が良く使われますが、正に地域資源の強みを生かした経営についての学びをいただきました。
7年連続の日本一水揚げ量を誇る苫小牧ホッキ、そして隣町の高価な白老牛。双方共に頻繁に食せるものでありませんが、次回いただく時には、一味違った味わいになるのではないかと思っています
IMG_2101.jpg
IMG_2102.jpg

9月定例会閉会

昨日、休会していた9月定例会を再開しました。
年度を跨って行われた沼ノ端クリ―センターの長寿命化改良事業、錦多峰浄水場送水ポンプ更新事業などの継続費の清算に関する報告などが4件、アイヌ政策と介護保険制度に関する委員会負託の陳情が2件、教育委員会と公平委員会の選任、補正予算などの議案17件を審議、平成30年北海道胆振東部地震に対する支援を求める要望意見書1件を可決して超スピードで閉会いたしました。

本来であれば9月7日に開会し、岩倉市長の4期目に向けての「市政に臨む基本方針」が示され、それに対する各会派の代表質問や各常任委員会、各特別委員会、議会改革検討会などを経て21日に閉会する予定でありましたが、6日に発生した胆振東部地震の災害本部や広域支援活動が継続していることから、已む無く最小限の補正予算などの議案審議のみに議会日程を大幅に縮小して行ったものです。
市長の「市政に臨む基本方針」は次回の12月定例会に先送りされますが、それまでの間にも閉会中審査として各常任委員会や特別委員会が開催されたり、議会改革検討会が必要に応じて開催されることになる見込みです。
今年度の議会日程に大幅な狂いが生じておりますが、被災当初から市役所全体で避難所の設置・運営、被災状況の把握と対応、停電対策、配水活動などの緊急事態を受け、市民の安全と安心を最優先した議会対応だった事をご理解ください。

災害の広域支援

昨日、正副議長の日程打ち合わせ等が行われました。
9月6日に発生した胆振東部地震による影響が続いており、出席を予定していた市議会議員OB会懇親会、苫小牧厚真会総会・懇親会、商工会議所70周年記念式典等が中止となりました。
当面は、諸行事への影響が続くものと思われます。

市内での地震後の対応としては、高丘霊園の被害対応と広域における被災ごみ処理がメインとなってきています。
霊園の被害状況は、第1霊園で1,191件、第2霊園で1,581件が倒壊もしくは、一部ズレたりしていることが判明しています。特に、第1霊園の方は入口付近の斜面に亀裂が入りっていることにより、立ち入り禁止となっていることから、専門のコールセンターを10人10台体制をしき、市民からの問い合わせに対応しているところです。昨日、お彼岸中の22日~30日までの間、入場時間の制限を設けながら墓参を受け入れる事が発表されています。
広域におけるごみ処理の受け入れについては、従来から安平町・厚真町のものを苫小牧クリーンセンターにおいて処理しておりますが、大量の被災ごみに加えて、むかわ町からのごみの受け入れの必要性が出てきており、環境省、道庁を交えて調整中とのことです。
広域支援としての職員の派遣状況は、むかわ町の避難所運営支援に12名。安平町と厚真町に給水支援で7名。安平町に保健師を3名がそれぞれ交代で派遣されています。

この様な状況の中ではありますが、地震の影響で7日に開会し、それ以降休会としていた9月定例儀会が本日1日限りで開催し、補正予算などの最小限のものだけを審議し、閉会する予定です。

週末と敬老の日

この連休も、被災地の水道などのライフラインが徐々に復旧している様子や多くのボランティアが被災地に入って支援活動をされて事などが報じられています。

土曜日、豊川町内会の「長寿を祝う会」が開催され75歳以上の対象者99名が参加されました。冒頭の開会挨拶の中で「今年は豊川町内会発足30周年の節目に加え、9日前の北海道東部地震を受け、互いの顔を合わせて震災から身を守ることについて考える機会にしていただきたい」とお伝えさせていただきました。
町内会としても、今回の地震対応を振り返り、今後の防災に活かしていかなくてはならない事があると考えています。
IMG_2094.jpg

日曜日、春から準備を進めていた鶴居村から高丘第2霊園へのお墓の移設が完了し、神主さんにお越しいただきお骨を納める「納骨の儀」を弟家族と共に行いました。
高丘第1霊園は、先の地震で霊園内の入口斜面に亀裂が入り立ち入り禁止となっていました。一方、第2霊園の方はお墓が何か所も倒れていたり、入口付近の大きな木が倒れたりして被害はあったもののお陰さまで予定通り行う事が出来ました。
この日は父の命日。加えてお隣のお墓は生前大変お世話になった花園町のHさんご夫妻のお墓という偶然も重なり、松井家の一大事業を何とか終える事が出来てホッとしています。
IMG_2097.jpg

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ