FC2ブログ

先週末

土曜日、国民民主党北海道総支部連合会の第4回常任幹事会に出席するために札幌に行ってまいりました。
主な議題は、この間の立憲民主党との政党間協議について報告があり、各常任幹事から質問や意見が出されました。
私からは、通常国会開会前の1月18日に開会した9区総支部常任幹事会を開催し、党合流協議の議論経過について情報共有し、出席者からは合流に向け期待する意見が多く出されとお伝えさせていただきました。
IMG_3645.jpg

日曜日、豊川町内会新年会が開催され、設営、運営、片付けなどのお手伝いをしました。副会長として開会挨拶をご指名いただき、「令和初の新年会であると同時に、この一年も豊かな明るい地域になることを願って顔合わせ・心合わせをいたしましょう」とお伝えさせていただきました。懇親会は、司会の軽妙な進行でカラオケやビンゴゲームなどをして大いに盛り上がりました。
IMG_3648.jpg

今朝も会派 改革フォーラムの令和2年度に向けた政策・予算要望(全33目)の内容とそれに対する市の回答を1項目づつ報告させていただきます。

【改革フォーラム 令和2年度政策・予算要望と回答】
19 小規模福祉施設への防災計画(避難計画策定)の支援
全国各地で豪雨による災害が頻発しております。平成28年台風10号の豪雨災害で、岩手県岩泉町高齢者福祉施設に入所者が避難準備情報は出ていたが避難せず全員が死亡しました。小規模な福祉施設において、災害ごとの防災計画(避難計画)の策定は、ノウハウや人手不足のために困難な状況であるとの認識のもと市内のすべての避難困難者施設に立地条件や建物に合った防災計画(避難計画)が策定されるよう市が支援することを、これまで求めさせていただいております。市はこの整備状況について実態を把握すると共に全ての災害弱者施設に防災計画(避難計画)が策定され減災が図られることを求めます。

 【回答】(市民生活部危機管理室 担当)
 高齢者福祉施設に限らず様々な業種・業態の事業者において施設利用者や従業員等の安全を確保する観点から、災害に対する備えとして避難計画等を策定することは市としましても大変重要であるとの認識から、これまでも各施設等で避難計画等を策定する際の支援・相談等を行っているところでございます。
 今後につきましても関係部署との連携を図りつつ各施設の立地条件や避難環境に応じた支援等について個別具体的に支援を行ってまいります。

CO2削減の貢献

昨日も所有している樽前のソーラー発電の点検修理を業者さんにやっていただき終日立ち合いをしました。若干絶縁の疑いがあるケーブルの交換と発電された電気を家庭などの環境で使用できるように変換するパワコンという機器の設定調整などをしてもらいました。これらの作業を終えて、暫くは様子を見ることになりました。
何とか、これで問題が解決し、引き続き我が国のCO2削減の貢献と我が家の家計への悪影響を止めてもらいと願っています

今朝も会派 改革フォーラムの令和2年度に向けた政策・予算要望(全33目)の内容とそれに対する市の回答を1項目づつ報告させていただきます。

【改革フォーラム 令和2年度政策・予算要望と回答】
18 樽前登山の安全対策
樽前山七合目ヒュッテは築60年が経過し、老朽化が進んでおります。前兆なしの噴火や水蒸気噴火などが発生した場合には、緊急避難場所となることも想定されることから早期建替を求めます。

 【回答】(市民生活部危機管理室 担当)
樽前山登山者の安全確保対策につきましては、樽前山火山防災協議会が実施しております主要携帯電話4事業者の通話状況確認調査を継続し、登山道において携帯電話の通話が可能な状況であることを確認するほか、現在取組を進めております防災行政無線のデジタル化に伴う屋外スピーカーの拡充の中でも七合目ヒュッテへの設置を視野に入れ検討を進めてまいります。
また、樽前山七合目ヒュッテの建替えにつきましては、苫小牧市公共施設適正配置基本計画において老朽化対策と併せて災害時の一時避難施設に機能を特化するなど、施設の在り方について継続検討すると方向性が示されておりますことから引き続き関係部署と協議を行ってまいります。

新春集いご案内

昨日、所有している樽前の太陽後発電(50KW)の点検を業者さんに依頼し立ち合いをしました。この発電所は運用して5年目を迎えますが、昨年の暮れと今年に入っての2回にわたり、5台あるパワーコンディショナーの2台にエラーが出るなど調子が悪い状態となっていました。
昨日の半日かけた点検で、一部の不具合が発見できましたので今日改めて工事をしてもらうことにしました。何とか、調子が戻ってくれればと思っています。
IMG_3637.jpg


恒例となっています市政報告を兼ねた後援会の「新春の集い」を下記のとおり開催する運びとなりました。ご参加いただける方がいらっしゃいましたら、ぜひご一報ください。お待ちしております。
                     記
           日時 2月21日(金)18時30分より
           場所 グランドホテルニュー王子 2階若草の間
           会費 5,500円

今朝も会派 改革フォーラムの令和2年度に向けた政策・予算要望(全33目)の内容とそれに対する市の回答を1項目づつ報告させていただきます。

【改革フォーラム 令和2年度政策・予算要望と回答】
17 自主防災組織の更なる充実
市内の各地域において設置されている苫小牧自主防災組織については、これまでも防災活動情報の共有化を含め、地域防災活動の充実を求めてきたところであります。自主防災組織率は平成30年度で世帯カバー率89%と地域防災力の高まりが感じられ、昨年の胆振東部地震を受けて自助・共助の重要性を改めて認識しました。
災害が頻発する中、気象が激しさを増し自主防災維織の更なる充実、避難行動要支援者の支援体制の一刻も早い構築が求められています。実態と照らし合わせた中で、地域・行政の役割分損の明確化及び具体的な支援体制の構築を求めます。

 【回答】(市民生活部危機管理室 担当)
市としましても昨年の北海道胆振東部地震の経験から自助、共助の重要性について改めて認識したことから、これまで実施してきた地域防災力向上のための出前講座や市民防災講座を引き続き行うとともに、自主防災組織との連携をさらに進めてまいります。また、避難行動要支援者支援制度につきましても、共助の重要性から引き続き町内会等との連携を推進してまいります。

マスコミからの問い合わせ

昨日、書類整理をしながらテレビで衆議院代表質問の国会中継を見ていました。
予想通り、野党は桜を見る会の名簿破棄問題、IR汚職問題、相次ぐ政治とカネによる閣僚辞任問題などの追及が行われるほかに、国民民主党の玉木代表は、家計の可処分所得の増加図る政策提案しました。このことに対して、野党の足並みが乱れているという論調がありますが、私は決して悪いことでないと思っています。

以前、名刺交換した札幌在住の報道関係の記者さんから携帯に電話が入り「苫小牧における500ドットコムにまつわる話を聞いたことはないか?」と聞かれました。IR誘致を巡り政府のIR担当副大臣が贈収賄容疑で逮捕されている問題に関連し、候補地として名乗りを上げていた苫小牧においても、贈賄側である500ドットコムの接触があったのではないかと問のい合わせでした。
苫小牧でのIR誘致事業展開を検討していた複数の実績のある海外事業者さんの名前については、市の担当者から聞いておりましたが、中国資本の500ドットコムの名前は聞いたことがありませんでしたので、その事実をお伝えしました。
マスコミとしては、この事件の広がりが他にもないかという観点で調査しているものと思いますが、苫小牧においてはその可能性はないのではないかと感じております。

今朝も会派 改革フォーラムの令和2年度に向けた政策・予算要望(全33目)の内容とそれに対する市の回答を1項目づつ報告させていただきます。

【改革フォーラム 令和2年度政策・予算要望と回答】
16 小規模事業者修繕契約希望登録制度の創設
市が発注する小規摸な修繕契約のうち、競争入札参加資格審査申請による有資格者でない事業者でも契約することができるようにするため、少額で内容が軽易な修繕契約(50万円未満)を希望する事業者を登録し、市内の小規模事業者の受注機会を拡大することによって、市内経済を活性化する小規模事業者修繕契約希望登録制度の創設を求めます。

 【回答】(財政部契約課 担当)
当該制度につきましては、道内におきましても類似制度を導入している自治体があり、小規模事業者の受注機会の拡大に繋がる可能性があることから、産業経済部と連携し、導入の効果や課題などについて、調査、検討を進めてまいりました。
今後は、本市の小規模事業者のうち、どのような業種、分野で需要があるのかを、産業経済部から経済団体等を通じて調査し、その結果を踏まえた制度設計を検討してまいりたいと考えております。

後援会名簿の引っ越し

昨日、午前はお世話になっている団体さんの行事参加。夕方からは、弔問のために室蘭市に行ってまいりました。この間に、パソコンで大変お世話になっている方にご教授いただき、選挙の「命」だと先輩から教えられた後援会名簿の新しいパソコンへの引っ越し作業を無事終えました。
おかげさまで、亀の歩みでありますが、パソコンの引っ越し作業も50%の進捗率になりました。もう一息といったところです
2月20日に開会する市議会定例会の前段で開催する「議案説明会」の案内な郵送されてきました。今定例会は、新年度に向けた市長の市政方針、各会派代表質問、新年度予算特別委員会などが行われ22日間の長丁場の会期となります。
しっかり準備を進めてまいりたいと思います。

今朝も会派 改革フォーラムの令和2年度に向けた政策・予算要望(全33目)の内容とそれに対する市の回答を1項目づつ報告させていただきます。

【改革フォーラム 令和2年度政策・予算要望と回答】
15 市発注工事における下請け地元発注率の向上
市発注工事の平成30年度の元請けの地元発注率が91.6%に対し、事業者数ベースで1次下請けは87%、2次下請けは41%、3次下請けは22%、4次下請けは0%となっており、地元の小規模事業所になるにしたがって低下しております。この分析を行うとともに地元受注率を引き上げる取り組みを求めます。

 【回答】(財政部契約課 担当)
下請けの地元発注につきましては、これまでの調査結果から、下請け次数が低下するほど地元発注率も低下しているという一定の傾向を把握しているところでございますが、今後、建築工事や土木工事といった工種別の分析をさらに進め、次の対策の検討に生かしていきたいと考えております。
また、事業者に対する直接的な取組といたしましては、下請け保護要綱の概要説明、リーフレットの配付、現場事務所での下請保護ポスターの掲示依頼などについて、今後も引き続き継続し、あらゆる機会を捉えて下請保護と地元活用をお願いしてまいりたいと考えております。

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ