fc2ブログ

新たなリソース

このブログでも紹介させていただきました大町にオープンしたco-wa-ke(こわけ)というワーキングスペース・シェアオフィスと苫小牧市が取り組む創業支援との連携の可能性について、担当課と意見交換をさせていただきました。
数年前に所属していた文教経済委員会で創業支援センターに関する視察調査をさせていただいたことがありました。そこは、創業を志す市民に対し、拠点となる場所の提供や創業に関する情報交換の場として、市が設置している施設でした。
苫小牧市でも企業振興条例に基づく創業支援に関する事業にも取り組んでいることから、この度オープンしたco-wa-keと市の中小企業振興の施策との連携が取れないものかと考え、意見交換をさせていただきました。
担当課の課長さんも、この施設について関心を持っておられて、現地を見学したいと考えていたところだっとお聞きしたので、早速、施設のオーナーと連絡を取り、視察の日程調整をしていただきました。
苫小牧でに誕生した新たなリソースとして、地域経済の活性化に繋がる連携が取れれば良いなと期待しているところです。
私なりにも知恵を絞ってまいりたいと考えています。

猛暑に備える?

昨日の苫小牧は、春を通り過ぎて初夏を思わせるような天候でした。
札幌市は過去最速で夏日を記録したようで、今年の夏の北海道を暑い日が続くような予感がいたしております。
今年度から、暑さ対策として市内の小中学校に移動式クーラーが配備されることになっています。エアコンと違い効果が限定的になるのではないかとの懸念から、補正算審議の際に質疑も交わしておりますが、運用面で工夫を凝らし子どもたちの健康を守るために効果を最大限導きたいとの答弁されていました。
是非その方向で、上手く運用していただくよう徹底していただきたいと期待しております。

我が家でも長きにわたる検討期間を経て一昨年、居間にクーラーを設置しました。昨年は過去最高の暑さでしたので、愛犬のためにも思い切って購入し本当に良かったと思っています。
数日前の北海道新聞に『エアコン 夏前に試運転を~メーカー各社~』という小さな記事を見かけました。例年「熱くなって動かしたら故障していた」という相談が後を絶たず、7月前後の修理や設置工事では数週間も待つケースがあるのだそうです。
試運転の手順は、設定温度を最低(16~18℃)にして10分ほど運転。冷風が出ているか、異常を示すランプから点滅していないかを確認し、そのまま30分ほど運転し、野外の配管から水が出ていることを確認するのだそうです。
我が家でも、これに倣って早めの試運転をしようと考えています。

先週末

日曜日、「全市春の一斉清掃」に参加しました。
豊川町内会では、3カ所に分かれて総勢120名が清掃活動に参加しましたが、私は3丁目公園を担当し、冒頭の挨拶の中でこの4月からスタートしている戸別収集85(エイティファイブ)について、参加者の皆さまにお伝えさせていただきました。
戸別収集85とは、戸建て住宅にお住まいで世帯全員が85歳以上の方を対象にごみステーションまで運ばずとも、ご自身で用意した容器でご自宅の前に排出できるという取り組みです。
ただ、介護認定者や障がい者向けに現在取り組んでいる「ふれあい収集」という事業があり、この該当者については対象から除くことになります。
戸別収集85について、ゼロごみ推進課宛に申請が必要であり、4月1日から受付を開始していますが、審査等の手続きに3か月ほど要することになっております。
これらの概要をお伝えした上で、ご近所に対象になりそうな方がいらっしゃれば、この戸別収集85の取り組みについてお伝えいただきたいとお願いさせていただきました。
IMG_1988.jpg

午後からは、札幌市内のホテルで開催された「国民民主党北海道総支部連合会第4回定期大会」に参加いたしました。国民民主党は、紆余曲折を経ながら所属国会議員が僅か17名の小さな政党でありますが、この北海道においても何とか旗を立て続け私もこの政党に籍を置き微力ながら平幹事を務めさせていただいております。
昨日の定期大会では、次期総選挙の比例区北海道ブロックに小西みのる氏と来年5月に行われる千歳市議選に小川陽平氏を擁立することが正式に決定されました。
また、総会後には国民民主党参議員会長の船山康江さんによる「後半国会に向けて」と題した講演が行われ、先に国民民主党が打ち出した「中小企業・非正規雇用等の賃上げ応援10策」を含む党の政策について解説し、引き続きの支援を求めました。
IMG_1990.jpg

新たな息吹

昨夜、大町2丁目のセーコーマートが入っている銀座長山ビル3階と4階にオープンしたco-wa-ke(こわけ)というワーキングスペース・シェアオフィスのオープニングレセプションのご案内をいただき参加してまいりました。
この度オープンしたco-wa-keは、個室の専用デスク、レンタルオフィス、貸し会議室などの多様な活用の他に起業する際の郵便物の受け取りや事務所の登記も可能となっており、事業の拡大に合わせてプランとオプションの自由な組み合わせが可能な形態を提案されています。いままでの苫小牧になかった新たな事業形態と挑戦がここからスタートするという印象を待ちました。
特に大町は錦町と共に苫小牧を代表する夜の繁華街という位置づけであり、苫小牧の中心市街地に新たな息吹を吹き込んでくれる取り組みだと期待いたしております。
過去に、市議会の文教経済員会で視察に伺った先で、中心市街地の活性化と創業支援の合わせ技で、自治体がワーキングスペースを設置して、起業の為の支援をしたり、同じ仲間同士の情報交換の場としている先進事例を学ばせていただいたことがあります。是非、この場所でこれらの取り組みにも繋がる仕掛けづくりが、出来たらよいのではないかと感じさせていただきました。
現在、苫小牧市が取り組んでいる創業支援、販路拡大などの中小・小規模事業者支援の施策とのコラボの可能性も今後、探ってみたいと考えています。

IMG_1982.jpg

誕生日に思う

本日、お陰様で64歳の誕生日を迎えさせていただきました。
ここ3日間ほど「ぎっくり腰」で整骨院に行く以外は自宅で痛みと戦い安静にしており、テンションもガタ落ちでしたが、徐々に回復に向かっているようです。
先月の定例会終了後は、風邪が長引いたり、歯痛に悩まされたり、この度のぎっくり腰に痛んだりと何かと体の不調に見舞われておりますが、これも寄る年波のせいなのかとも感じています。
しかし、日本の100歳以上の人口は飛躍的に伸び、この苫小牧でも100歳を迎えた長寿と聞いても珍しく無いほどになってききておりますので、またまだそう言ってはおられません。
そこで、この誕生日を機に健康な高齢期を迎えるためにはどうすれば良いのかということをchatGPTに聞いてみたところ、
1.バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠。
2.定期検診や医師の診察を受け病気の早期発見、治療。
3.社会的なつながりを持ち心の健康を維持する。
4.ストレスを軽減する方法を見つける。
5.脳を刺激する活動を取り入れる。
以上のアドバイスをいただきました。現在の年齢を入れなかったので、自分には少し早すぎるアドバイスではないかとかとは思いましたが、先ずは素直に受け取らせていただき、いつまでも遊び心と挑戦の心を持ち続け、健康寿命の延伸と人生100年時代を目指して日々を過ごしたいと考えております。
今後ともよろしくお願いいたします。
サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク