先週末

土曜日、先週に引き続き豊川コミセンで開催された「第2回手打ちぞば講習会」に参加しました。そばの出来は1回目よりも上手くいったと思うのですが、指導してくださる先生の求めるレベルも徐々に高くなり、ついて行くのがやっとでした
来週の土曜日が最終回となりますが、今のところ用務と重なり参加できるかどうか微妙なところです。
3年前に購入し押し入れに眠っている「そば打ち道具3点セット」を引っ張り出して自習してみようかとも思っています。
夜は、書道教室の「北海道書道展」「創玄展」「毎日書道展」の出展したメンバーによる御苦労さん会に参加しました。私は都合により今回の「毎日書道展」には出品することができませんしたが、果敢に展覧会に挑戦する社中の皆さんの姿勢に刺激を受けさせていただいております。

日曜日、国民民主党北海道第9区総支部常任幹事会が苫小牧で開催され、今週末に開催する設立大会に向けての役員人事や議案審議が行われました。
昨年の総選挙前に民進党が希望の党、立憲民主党、無所属に分かれ総選挙による国民の審判を受け厳しい結果がだされました。本年5月に民進党を存続政党として国民民主党が設立し、希望の党から比例代表で復活当選した山岡達丸衆議院議員が合流し、9区選挙区総支部代表に就いています。
多くの国民には非常に分かりづらいこの間の流れになっておりますが、緊張感ある政治をつくっていくために地域においても、いまは、吹けば飛ぶ様な国民民主党であっても立憲民主党と連携し、市民の声をしっかり受け止めていかなくてはならないと考えています。

第15回定例会閉会

昨日、議会改革検討会、国などに提出する意見書案について協議を経て、本会議が再開され契約や国の制度改正に伴う条例改正などの議案審議が行われました。最後に岩倉市長が今任期最後の定例会に伴うご挨拶もありました。
議会改革検討会では、昨年来から検討を重ねている議会基本条例の素案が纏まりました。今後、市の法務文書課に本素案をチェックしていただくこと共に条例の逐条解説づくりの作業に入っていくことになります。
議会運営委員会の中で、市民ホール建設に係る本会議での市長答弁と特別委員会の担当副市長の答弁に差異があることを問題とした提起があり、議会終了後に正副議長から副市長に議会運営委員会での各会派から出された意見をお伝えさせていただきました。
定例会終了後の新聞記者さんとの立ち話で、岩倉市長の3期目最後の定例会でありましたが、この事に伴う議論が物足りなかったという指摘を受けました。議会側としても対抗馬がなく次期の市長も現職が担うという認識で議論していたという事情はあるものの、このご指摘は真摯に受け止めなければならないと感じました。
色々あったものの無事定例会を終えさせていただきました。関係者の皆さま大変お疲れ様でした。

安全・安心及び市民ホールに関する特別委員会

昨日、「総合開発特別委員会」と「安全・安心及び市民ホールに関する特別委員会」の両別委員会が開催されました。
私が副議長として参加した「安全・安心及び市民ホールに関する特別委員会」では所管事項として、(1)福祉避難所に関する協定 (2)樽前山噴火に係る避難計画の検討 (3)弾道ミサイル発射情報の市民周知 (4)市民ホールの整備手法と検討の進め方 の4項目について報告され質疑が交わされました。

樽前山噴火に係る避難計画の検討では、現在の樽前山火山防災計画にある噴火シナリオ、ハザードマップ、噴火警戒レベル、避難計画について整備されているものの、具体的な避難経路や避難場所が定められていないために、これらを追加整備されたものです。
覚生川以西の住民については白老町方面へ避難することになるなどの内容について、今後住民周知が図られていきます。

市民ホールの整備手法と検討の進め方では、市民ホールの建設・運営にPPPやPFIなどの民間活力導入の可能性についての検討手順について報告され、参考になる先進事例、希望する事業者からの意見聴取する手法、地場活の考え方、建設費・運営費圧縮の考え方など多くの委員からの質疑が交わされました。
7月末を目途に事業者からの意見聴取して、本年度中には調査結果を纏めるとしています。
この質疑の中で、先の一般質問で市長が答弁した市民ホールの大ホールと総合体育館のアリーナ機能を併用するべきとの提案を検討する旨の答弁がありましたが、当特別委員会の中で担当副市長から検討の取り組みに対しては否定的な答弁がされました。

常任委員会

昨日、総務、建設、厚生、文教経済委員会の4つの常任委員会が開催され、それぞれの所管事項を審査しました。
私の所属する文教経済委員会(宇多春美委員長)では、(1)苫小牧市科学センターのあり方について (2)公益財団法人道央産業振興財団の事業について の2件が報告され質疑が交わされました。
 苫小牧市科学技術センターは昭和45年に設置された施設で老朽化による改修の方向性が打ち出されており、一昨年の市民や学校などの関係機関へのアンケート調査結果に基づき、市教委が今後の科学センターのあるべき姿をまとめた資料が提出されました。科学技術と関連する地元の「ものづくり産業」の位置づけやオンリーワンの「宇宙船ミール」の活用についても、苫小牧ならではの特殊性として取り上げられております。建替えについては、本「あり方」に基づき今後本格的な検討に入っていくことになります。
 公益財団法人道央産業振興財団(※)の事業については、国・道・関係自治体・民間の出捐金(しゅつえんきん)により基金造成し、その運用益をもって、道央地域の高度技術による産業開発を促進することを目的とし様々な事業に取り組んでいます。苫小牧市からは出捐金の他に毎年約1,300万円の補助金を拠出し、財団の支援に関する協議の場である「道央地域新事業活動推進協議会」にも参加しています。
私からは、一昨年に国への約5億円の償還金が生じたことによる基金と事業への影響をお尋ねいたしましたが、影響を最小限にとどめる為に国の支援制度などへのマッチングに力点をおきカバーしている旨の答弁がありました。他にも財団運営の肝とも言える地元企業の技術者OBに担っていただいている技術コーディネーターとエリアマネージャーの継続性と確保についてと経産省のものづくり補助金への対応について取り上げさせていただきました。
 また、その他の所管事項で今年度策定した中小企業振興計画に関連し、経済産業省の認定を受けた市内のIT導入支援業者との連携のもと、地元の中小企業・小規模事業者を対象とした「IT導入補助金」の活用支援の取り組みを求め、協議を進めるとの答弁がありました。

一般質問終了

世界が注目した歴史的な米朝の首脳会談がシンガポールで開催されました。
会談の成果については、外交・安全保障の専門家や拉致家族の間でも意見が分かれているようですが、この会談を踏まえて朝鮮半島の完全非核化と拉致問題の早期解決に繋げていかなくてはなりません。
昨年の9月定例会の開会中に北朝鮮のミサイルが北海道上空に向けて2度にわたり発射されたことに対して、怒りを込めた意見書案全会派一致で採択し、関係機関に提出いたしました。この様な暴挙が再び起こさないことも併せて願いたいものです。

昨日も一般質問が続行され、岩田薫議員、工藤良一議員、大西厚子議員、しんがりで牧田俊之議員の4名が登壇し、JR北海道の単独維持困難路線問題、緑ヶ丘運動公園の全体計画策定の必要性について、反対の立場からのIR誘致問題、がん対策の取り組みなどが取り上げられました。
改革フォーラムの牧田議員は、苫小牧を舞台にして描かれた漫画「僕だけがいない街」が映画化され、多くのファンがロケ地巡りに苫小牧に訪れている機を捉え、現在あるロケ地マップの他にも新たな事業の展開を求め検討する旨の答弁がありました。
かくゆう私は、以前からマンガも映画も見たいと思いつつ見れておりません。近いうちには…と思っています
一般質問終了後には、生活保システム改修事業費などを含む補正予算や沼ノ端交流センターの指定管理者の指定について審議し可決いたしました。

一般質問3日目

今朝は強い雨音で早い時間に目が覚めました。今日一日横殴りの降り方になることが予想されています。
昨日、定例会の一般質問が続行され午前中は議長に代わって議事運びを行なわせていただきました。
質問には、神山哲太郎議員、越川慶一議員、金澤俊議員、藤田広美議員、林光仁議員、矢嶋翼議員の6名が登壇しました。

 改革フォーラムの越川代表は、ドライブレコーダーの公費助成制度の創設を提案をし、地域防犯活動の一環としてボランティアの青色回転灯車両に対する助成制度を検討するとの答弁を引き出しました。また、国道36号線のイオンを挟む三光町-柳町区間の土日祭日における渋滞緩和策について質し、緑町跨線橋の拡幅や中央インターチェンジの開通後の車の流れを注視しながら、所管する室蘭開発建設部と協議してまいるとの答弁がありました。
更に、学校周辺の交通安全対策として交通規制をかけている「ゾーン30」について、現在導入している市内2か所についての効果を質した上で、市民周知と導入の拡大を求め、公安委員会と協議を進めていく旨の答弁がありました。
 他の議員の質問では、中小企業の人手不足に対応するための外国人技能実習制度の周知と活用。災害時における市民通報型アプリの活用などが議論されました。

先週末

土曜日、奉賛会の一員として糸井山神社のお祭り設営作業に参加。高台にある祠へ荷物を運んだり、幟の設置作業で汗を流しました。
午後から、豊川コミュニティーセンターで開催された「そば打ち講習会」に参加。講習参加者12名に対して、指導してくださる先生方が20名以上…手取り足とりの何とも贅沢な講習会です。そのお陰で、見栄えは悪いものの風味豊かな打ち立てそば4人前が完成しました。
そぱ打ちは、3年前に体験会に1度参加し、楽天で道具1万円セットを購入し、ユーチューブで学び4回~5回挑戦しましたが、中々上手くいかず遠ざかっていました。今回は手打ちの蕎麦で年が越せることを目標にしたいと思っています。講習会は全3回で今週と再来週の土曜日にも開催されます。
日曜日は、定例会資料に目を通したり、葬儀参列、スロージョギングなどをして過ごしました。
今週の金曜日まで定例会が開催されています。本日、午前中は議長席に就き議事運営することになっています。
IMG_1664.jpg

一般質問2日目

昨日も第15回定例会一般質問が続行され、谷川芳一議員、宇多春美議員、板谷良久議員、池田謙次議員、松尾省勝議員、竹田秀泰議員、桜井忠議員の7名が登壇しました。
この質疑の中で、私も昨年来から調査と制度の見直しを求めている親族間の契約による住居手当が、29件支給されていることが報告され札幌市などで見られた不正受給の有無について更に調査を進めると共に制度の見直しについても検討する旨の答弁がありました。
また、今定例会に提出された定期監査報告により指摘された契約事務やタクシーチケットの取り扱いなどの不適切な事務処理について、過年度の監査指摘と同様な事項が繰り返されていることを問題視し再発防止を求めました。
市民ホール建設へのPPP、PFIなどの民間活力導入可能性調査について、事業主体となる民間業者に対して7月11日に事前説明会を開催し、7月末に個別にヒアリング、9月末までに調査結果をまとめ、年度末に結論を出すという答弁がありました。
2年後に錦岡小学校に統合される明徳小学校の校舎と跡地の活用に対して、北海道に要請している養護学校誘致の状況につい質問があり、平取養護学校にも配慮しながら小学校の部とか中学校の部のいづれかからなどの道が取り組みやすい要望に変えていく旨の答弁がありました。

第15回定例会開会

昨日、第15回定例会が開会しました。
開会前の本会議場で議員15年表彰が行われ、小野寺幸恵議員と岩田典一議員の両名に全国議長会長からの表彰状の伝達が行われました。続いて、人事異動で新部長に就任した柳沢福祉部長と佐々木病院事務部長の自己紹介がありました。
この後、学校改修費などの年度をまたいだ予算の繰り越し、市営住宅の明け渡しの訴え、振興公社の経営閉鎖などの報告8件が審議された後に一般質問に入りました。

初日の一般質問には①冨岡隆議員 ②小山征三議員 ③首藤孝治議員の3名が登壇しました。
冨岡議員はJR苫小牧駅北口でアスベスト飛散問題で中断しているトマモール解体工事の早期解決にむけた取り組み、また前議会から提案していた南口の明るい苫小牧の顔づくりとしてイルミテーション事業の可能性について質し前向きな答弁がありました。
小山征三議員はIR誘致反対の立場から、来年4月の市議選挙に合わせてIR誘致の是非を問う住民投票の実施を求めましたが、岩倉市長は否定的な答弁でした。
改革フォーラムの首藤議員は、人口減少に伴う公共施設の統廃合や複合化による縮小するとの方針にも基づき、老朽化が著しい総合体育館改修を市民ホール建設構想に入れ込むべきと提案し、ラフなものになるが可能性についてワーキングする旨の答弁がありました。
また、市民ホール建設にPFIやPPPなどの民間活力の導入調査の取り組み状況と今後のスケジュールを質し、内閣府の支援事業により派遣された専門家からのアドバイスを受けると共に、7月中旬から1ヶ月間にわたり民間事業者から、事業参加意欲、コスト削減、創意工夫などについてヒアリングし、9月末を目途に調査結果をまとめたいとの答弁がありました。

空き家対策

先般、工務店の経営者の方から苫小牧の空き家対策についてのお問い合わせをいただき、市の取り組みの現況に付いてお伝えさせていただきました。
苫小牧市では29年度において全市域を対象に空き家状況を委託調査をかけ、その結果は、空き家総数が1,082件あり、うち管理不全空き家が319件、更に危険家屋と認められる物件は29件という調査報告が出ています。
この結果と昨年度末に行った所有者調査と意向調査を踏まえて、今年度中に「空き家等対策計画」が策定するスケジュールになっています。
この計画の中で、危険家屋にあたる特定空き家に認定されにも関わらず対策を講じない持ち主に対するペナルティーや空き家を有効に活用する為の補助金制度の検討がなされていくものと思われます。
昨年度に実施した調査では、市内の西地域と中央地域に空き家全体の88%を占めているとのことでした。特に私が住んでいるとなりの町内会のしらかば町が空き家数が一番多くて61件となっています。
これからも人口減と高齢化により、空き家数はどんどん増えていくことが確実であり、危険家屋対策はもとより、良質な空き家についてはリフォームなどで流通しやすくする仕組みづくりが必要だと考えています。
これらの課題についても今後勉強を重ねて提言してまいりたいと思っています。

議会改革検討会

昨日、議会改革検討会議を開催し議会基本条例の素案づくりに向けた協議を行いました。
5月25日に開催した前回の会議では、正副議長の条例文案を提示して各会派から意見をいただきましたが、大きく意見が分かれる項目も数か所あり、これらの意見を踏まえた第2弾の正副議長案を事前にお渡しし、意見調整を行いました。
この議論の出発点で、先進事例として小田原市の条例案をお手本に「市民に分かりやすくするためにシンプルなもの」「苫小牧市議会らしいもの」という共通認識を持ち協議を進めてきております。
昨日の協議の中でも、全て纏めることはできませんでしたが、論点がかなり絞られてきたように思われます。
定例会最終日にあたる15日に、次回の議会改革検討会の開催を予定しており、条例素案の完成を目指してまいります。

議会運営委員会

昨日、議会運営委員会を開催し、7日に開会する定例会の会期や補正予算を含む議案などについて協議しました。
一般質問には20名が通告し、質問順位を決定しました。私が所属している改革フォーラムは3番目に首藤孝治議員、12番目に越川慶議員、しんがりの20番目に牧田俊之議員が登壇することになりました。
一般質問は、7日から12日までの間に行われ議会ホームページからインターネット中継が配信されています。また、今回の傍聴から市制70周年にちなんで、とまチョップポイントが70ポイント付与されることになっています。
お陰さまで最近は、傍聴していただける市民が増えています。
多くの市民に傍聴に来ていただくことによって、質問する議員に張り合いが出ますし、より議会に緊張感も生まれてくると思います。
前の定例会で初めて傍聴したという方から「突っ込みが足りない」というご意見や「案外、私たちに身近な問題が取り上げられていた」という感想をお聞きしました。
お時間があれば是非とも議場に足を運んでいただきたいと思っています。

先週末

 日曜日、7月1日に投開票が行われる市長選挙の岩倉市長の事務所開きと市議補欠選挙の候補予定者である佐々木修司さんの事務所開き並びに総決起集会にそれぞれご案内をいただき参加してまいりました。
市長選挙に付いては無投票となることが濃厚ですが、市議補選に付いては2議席に対して5名が立起を予定されており激戦となります。しかも今回当選されても9カ月後の統一地方選挙を再度潜らればならず、候補者にとりましては大変な思いの中での挑戦となります。
 今回の市長選挙と市議補選に合わせて議会を解散し、市長と議会の同一選挙を実施することを念頭に市議会内で2年近くかけて議論いたしましたが、議会解散に至るまでの賛同が得られずに断念した経緯があります。
いずれにしても7月には新たな2名の議員を迎えます。緊張感をもって残りの任期を務めさせていただきたいと思っています。

 市長の事務所開きを中座し、目の前の停留所から高速バスに乗り込み札幌へ。札幌市民ギャラリーで開催されていた「北海道創玄書道展」の観覧とホテルで開催された同祝賀会に参加してまいりました。
昨年、二科を卒業し今年から一科へ。提出する作品も一回り大きくなり苦労しましたが、先生方にご指導いただき何とか出品することが出来ました。
IMG_1656.jpg
IMG_1660.jpg

 もう一つ書道ネタです。先週、春の昇段試験の結果が届きました。今回は7段への挑戦でしたが、その通知に書かれていたのは『不合格』の二文字…忙しさにまぎれて稽古も滞っていたので仕方がありません。
お陰さまでここまで順調にはきていたのですが、私の限界がそろそろ来ているのかもしれないと思っています

平成30年度春の叙勲・褒章受章祝賀会

昨日のお昼に7日に開会する定例会の一般質問通告が締め切られました。
20名の議員から一般質問の通告があり、市民ホール建設、IR(カジノを含む統合型リゾート)、今後の町内会運営、いじめ・不登校問題、子育て支援、職員の住宅手当などについて取り上げられる予定です。
私たち改革フォーラムでは3人が通告し、質問順位を首藤議員、越川議員、牧田議員と決めていますが、全体の質問順位は月曜日に開催予定の議会運営委員会で決定される予定です。

夜に平成30年度春の叙勲・褒章受章祝賀会がグランドホテルニュー王子で開催され参列いたしました。
調停委員、消防団、海上保安、自衛隊などでのご功績に対して5名の方々が受章されました。長年にわたるご活躍とご労苦に心から敬意を表します。おめでとうございました。
IMG_1650.jpg

鹿との遭遇

今日から6月に突入です。今年も半分が過ぎようとしています

昨日、日高町総合支所に行き、母亡きあとの農地の取り扱いに付いての手続きをしてまいりました。
ちょうど、昼食時間になったので役場の別の課に務めている中学校時代の同級生を誘って近くのソバ屋さんへ、、、地元に残った同級生や札幌方面で暮らしている同級生の様子などを色々聞かせてもらいました。
私たちもあと2年で還暦を迎えるのですが、久しぶりにみんなと顔を合わせる機会があれば良いなぁと思っています。
母が亡きあとの諸手続きは大方終えたかたちになっていますが、残すところ鶴居村に現在あるお墓の移動という大仕事があります。秋口までには、何とか苫小牧に移したいと考えています。

朝に「スローウォーキング」というのを初めて1カ月になります。市立図書館で目にとまった本で知った「スローウォーキング」ですが、歩く速度で30分程度ジョギングするだけで良いという気軽さが気に入り初めて、いまのところ週5回ペースで続けられています。
今朝も、バイパス沿いの「こもれびの道」の何時ものコースを行っていると、草むらで座ってこちらの方を見ている犬が…と思ったら鹿でした。だんだん近づくと、今度はこもれびの道を悠々とジョギング(当然、私よりも速いスピードで)し、その後はコースを外れて左右を確認しながらバイパスを横断して遠くに行ってしまいました。
市街地に鹿が出没するという話は良く聞きますが、こんなに間近で見たのは初めてです。
交通量の多い道路を通行する場合でも鹿との衝突にご注意ください。
IMG_1641.jpg
IMG_1649.jpg

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ