FC2ブログ

Doyu交流会へのお誘い

昨夜、担当副支部長を務めている中小企業家同友会苫小牧支部組織・企画委員会(佐藤元信委員長)の第6回委員会が同友会事務局で開催され、10月17日(木)18:30から開催するDoyu(どうゆう)交流会の最終打ち合わせを行いました。
Doyu交流会は今回で3回目の開催となり、支部の会員が未入会の知り合いの経営者をゲストとして誘っていただき、同友会活動が企業経営者に如何に役に立ち、いかに有益であるかをご紹介し、入会の足がかりとしていただきことを目的とした事業です。
初回は、私が委員長として開催させていただきましたが、その内容も進化してきています。
残念ながら、私は議会用務が入り出席できなくなりましたが、下記の要領で開催いたしますので、興味のある方は是非ご一報ください。

日時  10月17日(木)18:30より
場所  経済センタービル6階
会費  ゲスト無料
第Ⅰ部 ①同友会ってどういう会?
      ②プレゼン「経営のお悩み解決します!」
      ③インタビュー映像「私は○○で同友会に救われた!」
第Ⅱ部 名刺交換会&懇親会

急に近付いてきた山場

北海道新聞の2面に「道、市議会に決議を打診」という見出しの記事が掲載されています。記事は、今月28日にも臨時議会を開催し、決議する方向で調整に入ったと記事は続いています。
昨日、市長と担当部が会派の部屋に来られて、異例ではありますが臨時議会を開催したい旨をお伝えいただいた上で、IR誘致対応に関する意見交換をさせていただきました。
先日、市議会議員28名中16名が署名したIR誘致推進を求める要望書を市長が北海道の幹部に届けたばかりであり、12月議会に大きな山場が来るものと思っていましたので、意外な感じをしています。
私は、ブログでも書き込んだ理由により署名はしませんでしたが、その思いを一層強くい抱いております。
記事によりますと、複数の道幹部は「他の条件が整ったとしても、市議会の明確な意思表示がない限り、誘致を決めるのは難しい」と話されているそうです。しからば、IR設置の事業主体となる北海道のビジョンや覚悟はお持ちなのですか?と問わせていただきたいのです。そんなことも示めせないで、我々市議会の議決を求めるのは、筋違いでありお粗末な話の様な気がして仕方ありません。
いづれにしても、市議会としての意思を決める山場が急に近付いてきました。その山の全容はぼやけており、姿が全く見えてはおりませんが、この登山に苫小牧市がアタックすべきか否かは、議員の一人として市民の意見に耳を澄ませ、しっかり考え、慎重に判断してまいりたいと思っています。

昨日、令和元年度 北海道市議会議長会道南支部議員研修会がグランドホテルニュー王子で開催され、函館市、北斗市、伊達市、室蘭市、登別市、苫小牧市の議会から総勢135名が参加し、研修会と懇親会が開催されました。
研修会では2015年に南極観測隊の一員として活躍された勇払小学校教員の柴田和宏先生から、残された聖域「南極」での生活から、環境破壊問題、究極の集団生活、すべの廃棄物の持ち帰りなど、貴重な話を聞かせていただきました。
懇親会では、同席した他市の議員から議会ICTや議員間討論などの議会改革の取り組みについて情報交換させていただきました。

パークゴルフ同好会研修旅行

今朝は、遅めの書き込みとなっています。
昨日、相談役を務めている「はまなすパークゴルフ同好会」の研修旅行が開催され、白老パークゴルフ場において『柳谷・松井パークゴルフ大会』が行われました。30名の同好会の会員が参加くださり、虹がかかる不安定な天候ではありましたが、起伏のある36ホールを楽しみながらプレーしました。
夜は、会場を虎杖浜のホテルいづみに会場を移し、表彰式&懇親会を開催し、たっぷり二次会まで皆さんにお付き合いさせていただきました。私の成績は30人中で第27位、予想通りの成績ではありますが、お陰さまで楽しい一日を過ごしました。
今日も、晴天の中をホテルのパークゴルフ場で月例会が開催されますが、私は所要の為に朝食をいただいた後に帰宅して慌ててブログの書き込みをしているところです。
これから、着替えて役所に向かいます。

学生のチャレンジ

一週間ほど前に、白老町の知人から「一度、話を聞いてやってくれないか?」とご紹介された白老町在住の苫小牧高専の学生さんが議員控室に来訪し懇談しました。
本年、7月にRoboMaster北海道チームというのを立ち上げて、プロジェクトマネージャーを務めているとのことでした。全く予備知識のない私は、全国の高専学生によるNHK放送しているロボコンコンテストに関するお話かと思っていましたが、それとは別で、RoboMasterという競技があり、来年4月に中国で開催される世界大会に繋がり、来年3月に九州で開催される日本大会への出場を目指すために、資金援助や後援者探しをしたいとのご相談でした。
私にとっては不得意な分野の話ですが、本人から伝わる熱意も感じられましたし、折角訪ねて来てくれたので「難しいです」の一言でお返しする訳も行かず、今できる最善の取り組みについて、一緒に頭の体操をさせていただきました。
まずは、新聞などの媒体を利用し、このチャレンジを全道の多くの人に知っていただく事から始めてみてはどうか? というところで昨日の話は落ち着きました。
プレゼン用の資料も作成されていましたので、そう時間をおかずに要旨をまとめた資料の作成もできるかと思います。微力ではありますが、やる気のある青年たちのこのチャレンジをできる範囲で応援したいと思っています。
https://www.robomaster.jp/

IR誘致に関する議員有志による署名

先日、市議会有志が岩倉市長に対して、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の区域整備計画の認定申請に向けた取り組みの要望書を提出した記事が掲載され、この事についてのお問い合わせをいただきました。
この市議会有志のIRに関する要望書は、全議員28名中16名が署名を行っておりますが、私は署名を行っておりません。
これまでもブログにも書き込んでいますが、過去に経験のない人口減少と少子高齢化に突入する中で、持続可能な苫小牧を築いていくためには、様々な切り口から前例にとらわれないチャレンジをしていかなくてはならないと考えており、IR誘致もその中の大きな1つの手段だと思っています。
しかし、今回の『北海道に対し、早急な予算確保や国の働きかけを求める』との要望内容と手続きに違和感を覚え、署名するのを見送らせていただきました。
その理由は、大きく2つあります。
まず1点目は、手を上げて事業主体となるべき北海道のIR誘致に対するビジョンや覚悟が全く見えてこないという点です。どちらの筋からは分かりませんが、地元の議会はどうなっているのだという投げかけがあっての今回の要望行動だと側聞しました。
IRを誘致し、どんな北海道の将来をつくっていくのか、そのビジョンも覚悟も分からず、どんなIRにしたいのかも分らずに、ただ地元の議会はどうなっているのだという働きかけに対する要望書の署名なら、そこに名を連ねる気にはなりませんでした。
2点目は、二元代表制における地方自治体においては、議会に与党も野党もないと思っていますが、IR誘致に市長が一生懸命に取り組まれることやそれに繋がる議員が応援することは、ある意味当然のことだと思います。
しかし、私は、この間に是々非々で進めてきている議員としてのスタンスがあります。誰が言うからではなく、何をするのかを判断の最優先にしたいと考えています。これからもこのスタンスを守ってまいりたいと思っています。
今後、もしIR誘致が進んでいくならば、当然ながら多くの課題や心配の声も出てくると思います。そして、苫小牧市議会がIR誘致の是非を判断するタイミングは別な機会にあると思われます。その時こそ、真に将来の苫小牧や市民にとって、最善なもとなるよう見極め、議論し、判断してまいりたいと思っています。
是非、これからもIR誘致に関する様々なお考えもお聞かせ願えたら幸甚です。

先週末

土曜日、会長を務めている糸井地区スポーツ推進協議会が主催する「成人ソフトボール大会」が川沿公園グランドで開催されました。今回の参加チームは川沿町、柏木町、桜坂町、我が豊川町の4チーム。開会式での主催者挨拶のちに、我が豊川チームの1試合目はベンチで声援を送られていただいておりましたが敢え無く惨敗。敗者復活の2試合目はメンバーが足らずに途中出場しましたが、案の定、守りで2つのエラーをしてチームの足を引っ張ってしまいました
従って、豊川チームの成績は4チーム中最下位。来年は、メンバーを補強してリベンジを果たしたいと思います。
この後、天照教苫小牧分教会の秋季大祭に途中から参列。ご挨拶の中で、先の決算委員会で取り上げた地域の介護と医療の連携強化についてお話させていただきました。
IMG_3344.jpg

日曜日、書道啓心社の秋の昇段試験練成会が労働福祉センターで開催され参加しました。今週の選挙があり、5月から休会していた書道を再開しました。7段への挑戦ですが、前回の昇段試験も落ちており、自分の限界を感じながらの挑戦です。自分なりに楽しみながら、課題を書きあげたいと思っています。
IMG_3352.jpg

夜は、「北海道日本料理研究会苫小牧支部 睦会 四條公祭 懇親会」がホテルウィングインターナショナルで開催され参加してきました。
四條公祭とは日本料理の祖・磐鹿六雁命(いわかむつかりのみこと)と、料理の諸儀式・作法を室町時代に整えた四條流の創始者・四條山陰中納言藤原政朝卿を祭る行事で、調理技術の向上を願うとともに、食文化の発展を祈願しました。
苫小牧支部の料理人さんは元より、全道各地の料理人さんが集い毎年開催されています。私も食に携わる各層の皆さんと共に命と健康の源である食への感謝と料理技法向上を祈念させていただきました。
IMG_3353.jpg

平成30年特別会決算委員会そのⅡ

昨日も引き続き、平成30年度企業会計決算特別委員会がされ、水道事業会計、下水道事業会計、市立病院事業会計、公設卸売市場会計の4つの事業会計決算が審議され、私は水道事業会計、下水道事業会計、市立病院事業会計について質疑させていただきました。
前日から降り続いていた雨により市内で道路冠水が発生し、加えて大雨警報が出されたことから、上下水道部の大雨対応に配慮して、質疑については極力簡潔に進めようという申し合わせからスタートしました。

水道事業会では、平成30年度を初年度とする水道ビジョン(2018~2027)に掲げられている ①仕切り弁などの凍上防止に関する苫小牧高専さんとの研究成果 ②水製造コストが安い高丘浄水場の比率を上げる取り組み ③将来の水道料金の改定に向けた現状分析と評価 ④指定工事業者の資質確保についての取り組み の4項目について取り上げました。また、水道事業における各種委託事業について、地元活用が最大限図られるべきとの立場から質疑いたしました。  

下水道事業会では、まさに大雨対策についても質疑を予定しておりましたが、昨日の大雨対応を含めて別な機会に回すことにして、下水道の老朽管更新工事における開削工法と管更生工法の2通りの工法のうち、管更生工法については以前の様に地元下水道業者が市から直接受注できるようにするべきとの立場から質疑いたしました。
また、水道事業会計で取り上げた「水道ビジョン」に類する、取り組み年次と達成目標を明確にした計画を下水道でも策定するべきと求めさせていただきました。

市立病院事業会計では、安心の在宅・介護と医療をめざす「地域ケアシステム」に対応するための地域包括ケア病棟の平成30年度の運用実績と試験的に導入している自宅や介護施設から直接地域包括ケア病棟への受け入れの取り組み、地域における在宅医療支援を目的とした医師拡充(2名体制)の取り組みについて、在宅医療関係の事業所さんの声を紹介しながら、評価させていただきました。
一方、累積債務が約9億円にも積みあがってきている経営収支悪化について質した上で、市長を先頭に医師確保などの経営改善に向けた取り組みを強化することを求めさせていただきました。

決算認定については、後期高齢者事業会に対する共産党の反対を除き、全会派一致で賛成いたしました。委員の質疑方法の認識の違いにより若干の時間的なロスがはあったものの「2日間にわたる委員会審議で出された意見を、是非これからのまちづくりに活かしていただくことをお願いします」との旨を副委員長退任挨拶として述べさせていただきました。

平成30年特別会決算委員会そのⅠ

昨日、平成30年度決算特別委員会が開催され、国民保険事業会計、霊園事業会計、介護保険事業会計、後期高齢者医療会計の5つの特別会計決算が審議され、私は後期高齢事業会を除く3会計において質疑をさせていただきました。

国民保険事業会計では、平成30年度は大きな制度改正をともなった都道府県化の初年度にあたり、都道府県間に伴う決算に及ぼした影響、国の財政支援の内容と今後の見込み、目標値を下回った「がん検診無料化事業」の事業評価と改善、透析等の重症化予防事業の試験的な取り組みと令和元年からの本格実施における保健指導の追跡調査の必要性について提案いたしました。
また、差し押さえなどの滞納処分の前段で行う、預貯金や給与など「財産調査」の取り組みについて取り上げ、本年度から取り組んでいる財政課との徴収一元化においても、取り組みのレベルを落とさずに早めの徴収相談に結び付けるよう求めさせていただきました。

霊園事業会では、昨年9月に発生した胆振東部地震による普及工事と安全対策。お彼岸時に立ち入り禁止を一時解きいた上で、シャトルバスを運行した事業に対する評価。本事業会計が一定の役割を終えて平成30年度で閉鎖したが、今後の基金の活用の考え方についてなどを質しました。

介護保険会計では、平成29年に開設した「医療介護連携センター」について、在宅医療現場からいただいた意見に基づき、相談体制の強化、潜在的な在宅医療の発掘と対応、在宅医拡充のアプローチの必要性などの観点から質し、いま一度、委託事業の在り方を点検するべきとの立場からしてきさせていただきました。

本日は、昨日に引き続き水道事業、下水道事業、病院事業、卸売市場などの企業会計の決算審査が行われます。

決算委員での質問力

今日から2日間にわたり、平成30年度企業・特別会計決算委員会(大西厚子委員長)が開催されます。前期は、議会選出の監査委員と副議長を務めておりましたので、4年ぶりの決算委員での質疑となります。
昨日も、決算資料の確認をしたり、質疑内容を確認するなどして終日準備作業を行いました。
しっかり取り組んでまいりたいと思っています。

昨日の苫小牧民報さんに「質問力」という記者コラムが掲載されていました。
その内容は、30日と1日の両日に行われた平成30年度一般会計決算委員会での質疑に関する記事で、この委員会で新年度予算に踏み込んだ質疑が再三あり、委員長が注意していたことについて触れられいたことに関するものでした。
議会における決算の審議に関する申し合わせでは「新年度予算に関する質疑は極力避ける」というものがあります。これは、私が議員になる前からの申し合わせですが、議員間の中では、この解釈に温度差があることは気になっておりましたが、今回の委員長裁きで、それが顕在化したのではないかと思います。
私の持論は「そもそも何の為の決算委員会なのか」という1点に尽きます。前年度の決算の質疑により、市の考え方を質し、その議論を次年度以降の施策や事業の方向性や予算に活かさせるというものでなければならないと思っています。
前述の申し合わせが出来たのは、決算委員会で露骨に来年度予算にまで踏み込んだ質疑が行われた経緯があったのではないかと思います。
今回の決算委員会では、名ばかりでありますが副委員長を務めることになっています。勿論、私も質疑に立ちますが、委員会全体の質疑も次の暮らしいまちづくりに繋げる議論が多くできるような運びを心がけたいと思っています。

ポイント還元に思う

昨日、消費税10%がスタートしましたが、苫小牧では会計トラブルもなくスムーズに導入されたようだと報じられています。昨日の昼食に蕎麦屋さんに入ってトロロそばを食べましたが、増税に伴いメニュー表が代えられた様子もなく2%分はお店が負担するのだろうと思われます。また、打ち合わせに入った喫茶店でのコーヒー代や夜に行った懇親会と二次会の割り勘分も10%の消費税がかかっているはずですが、普段と変わらずに過ごす一日でした。
ただ、同僚の議員とも話していたのですが、ポイント還元という仕組みが分かりません。これまで、日常の買い物や消費でカードを使うことには抵抗があり、どちらかというと現金主義の方で、時代の流れには乗れていない私ではありました。
しかし、そうも言ってはいられません。ポイント還元の対象店に何処がなっているのかよく分からないし、実際にポイントがどの様に戻ってくるのかなど、未だに理解していないことが多い私でありますが、これから、ポイント還元にまつわるお徳な情報を知り周りの人にも伝えていければと思っています、、、カードの使い過ぎには注意しながらではありますが

10月突入

今日から10月に突入です。
今日から消費税増税やそれに連動する軽減税率、ポイント還元、低所得者や子育て世帯を対象としたプレミアム商品券発行が実施されます。
消費税が我が国で導入されたのは1987年に3%からスタートしました。それから5%、8%へと2度の引き上げがあって、今回は3度目の引き上げになります。消費税導入時の議論の際は、反対の嵐が吹き荒れ当時の政権が吹っ飛ぶような勢いの世論が巻き起こりましたが、だんだん世の中も消費税増税に慣れてきて大騒ぎしなくなったような印象を受けます。
それでも、今回は軽減税率やポイント還元など新たな、そして非常に分かりづらい制度が取り入れられていますので、これからの混乱が懸念されるところでもあります。
今朝、所有している2か所のソーラー発電施設の点検と検針に向かう際にコンビニでコーヒーとお茶を買いましたが、当り前ではありますが、何時も通りの料金で、どこかしらホッとしました。今回の増税では、特別な駆け込みの買い物もしませんでしたので、増税の影響が身に沁みるのはこれからなのかも知れません

昨日から、平成30年度一般会計決算特別委員会が開催されています。私たちの会派では、一般会計に牧田議員と首藤議員が参加しており、木・金の両日に開催する企業会計決算には越川議員と私が参加することになっています。
本来であれば、一般会計の質疑の様子も傍聴しておけばよいのではありますが、その余裕はなく企業会計決算に向けて、あれこれ考えを巡らせております。

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ