FC2ブログ

代表質問終了

昨日、会派「民の風」を代表して質問に立ちました。
当初の予定では午後3時半頃には登壇できる予定でしたが、直前の質疑で議会ルールに関する「動議」がかかり、議会運営委員会を急遽開催し協議するなどの時間がかかり、約1時間遅れの出番となりました。

今回の質問を自分なりに振り返ると、反省する点が多くありました。

・国の地域主権改革に対し、市職員の意識改革、組織文化の改革が必要。
・労使交渉の過程や進捗を市民にガラス張りする必要性。
・職金給与独自削減の継続と特殊勤務手当の大幅な見直し。
・公立保育園の民間委譲の全体計画必要性とそのスピード化。
・今後の企業誘致のあり方と国家プロジェクトCCSの経済効果を地元経済に結びつける仕掛けづくり。
・年々減少する公共事業費に対する8つの提案。
・中小零細事業者振興を前面に打ち出した基本条例づくり。

以上7項目について論拠、立論を添えて1時間にわたり質問しましたが、実のある答弁は残念ながら殆んど得られませんでした。
折角いただいている質問の機会を生かしきれない自身の能力不足と徒労感にさいなまれる昨夜でした。
今回の議会報告を作る際に厳しめの検証をし、次にしっかり繋げていきたいと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

傍聴者, 09/11, 2010 - 09:30 | 編集

代表質問に拍手

昨日の代表質問、幸いにも全部拝聴できました。
質問の態度・内容ともに実に立派でした。日頃の真摯な議員活動の集積をうかがわせるもので申し分ないものでした。
しかるに、市長以下すべての答弁は意識的に核心をはずしているようで、評価に値しないものばかりでした。
給与本給の独自削減については「緊急事態に対処したもので、これ以上は職員に痛みを求められない」といもので、質問の趣旨を無視し説明の体をなしていません。
本給の削減は鳥越元市長ですら公然と口にしていたことであり、桜井前市長が特別職の報酬削減、老人無料バスの廃止・医療費の負担増などの市民負担に加えて職員にも痛みを負わせたという歴史的事実をないがしろにしているもので到底許せるものではありません。
特殊勤務手当・保育園問題についても全く不得要領で、他都市でどんどん進めていることが苫小牧では何故できないのか、あなたの言葉がまだ私の耳に残っています。
今後の委員会などの審議の過程での巻き返しに期待してやみません。

松井雅宏, 09/12, 2010 - 21:30 | 編集

Re: 代表質問に拍手

傍聴者様

先般の代表質問、傍聴していただき有難うございました。
また、励ましのコメントをいただき感謝です。
実のある議論にならなかったと、少々落ち込んでおりましたが元気づけられました。
議員としてのスキルアップできるよう精進してまいりますので、今後も叱咤激励を宜しくお願い申し上げます。
重ねて感謝です。

松井雅宏

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ