FC2ブログ

一般質問項目Ⅱ

今朝は、一般質問の2番目に質疑した行革プランについての内容を報告いたします。

2.行政改革プランについて
○本年9月に策定した新行革プランで、今年度分の効果額2億1千万円を見込んでいるが取り組み状況は。
●未利用地の売却、職員削減効果額などの取り組みで現段階で3億6千万円の効果額がでている。
○補助金187件14億8千万円、負担金180件3千6百万円を見直し、来年度の節減額4百万円を見込んでいるがこの中味は。
●13項目の補助金、負担金を見直すよう担当課に伝えてあるが公表は控えたい。先方に基金があるところなどを対称にしている。一方的な削減は難しいが理解を得ながら、敬老会補助金も含めて継続的に取り組んでいく。
○会計ごと5つに分かれている市職員の福利厚生会を24年度に統合するとされているが、何故直ちに出来ないのか。
●各厚生会との協議と調整にどうしても時間がかかる。
○福利厚生会の全道一高い公費負担率49%の見直しを求めているが、これまでの原則としていた職員負担と公費負担の1対1の原則を止めて、全道平均22%に近づけるべき。
●これまでの原則は見直し、全道平均に近づけていきたい。
○来年度から国の手当を上回るものとして、通勤手当1,500万円を見直すとしているが、他にもあるのではないか。
●自宅住居手当が一般会計6,000万円ある。現在組合と廃止を提案し協議中である。なるべく早く廃止したい。
○これまで何度も特殊勤務手当35項目4,000万円の全廃を求めているが、来年の取り組みは。
●来年は15項目で600万円分の廃止を提案している。来年度以降も見直しは継続していく。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

傍聴人, 12/05, 2010 - 11:30 | 編集

No title

今回の松井さんの質問は実に的を射たものでしたが、答弁が成っていなかったのは残念だった。
市長にやる気があって部長に命令すれば、松井さんの仰ることは全て直ぐに実施しますと言えなくも無いと思って聞いていたが、あんな無責任な答弁がどこから出てくるのか、松井さん、腹が立たなかったですか。
社協とNPOなどとの事業の一元化・統合については余り触れたがらない、福利厚生会などへの補助金などについても伏せておきたいという魂胆が丸見え、国を上回る手当・特殊勤務手当についても、今やろうとしていることは完全に氷山の一角、一つ単位が違うんでないのと言いたくなる有様でないのか。
市民も今の岩倉市長の姿勢については怒りを増幅しておりますが、議員さんも怒ってほしい。松井さんには一番怒ってほしいと思ってます。
議会は質問時間を制限なんぞしないで、もっともっと時間をかけるべき、そのために開会日数が増えたっていいではないか、そのためには政務調査費をうんと出せばよい、そのかわり反問権も与えて議論の活性化をはかるべしだ。
役人に丸められている市長じゃ市民は浮かばれない、市政は義解主導でなければ市民のためのものにはならない。

松井雅宏, 12/05, 2010 - 14:30 | 編集

Re: No title

傍聴人様
一般質問を傍聴していただき有難うございました。また、感想やご意見を賜り重ねて感謝申し上げます。
一足飛びには求めるところが実現しないところですが、粘り腰だけが私の採り得ですから諦めずに引き続き取り組んでいきたいと思っています。
今後ともご指導いただきますようお願い申し上げます。

松井雅宏

傍聴人, 12/05, 2010 - 14:45 | 編集

No title

早速、返答していただき恐縮です。
仕訳・検討すべきものとして、一例として、特殊手当600万円と答弁していましたが、総額を聞けば4,000万円以上もあることを明らかにする、全体を覆い隠そうと言う魂胆が垣間見えて不愉快千万な役人根性でした。
一事が万事というべきでしょう。議会の一般質問をやり過ごせばそれで安心、これではいつまでも後進市政は治らないと思います。怒ってください。

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ