FC2ブログ

思い責任

 民主党の大幅な躍進という結果をもたらし参議院選挙が、終わりました。自民惨敗、民主躍進となった今回の選挙の要因は、年金問題、政治とお金問題、格差問題と様々挙げられておりますが、これほどまでの結果が出るとは正直思いませんでした。
 私は民主党の末端にいる党員として、この結果を手放しで気持ちには気持ちにはなれません。何故なら今回の結果は、民主党が選ばれたのではなく、国民が自民にNOを突きつけたという色合いが、非常に強いと感じているからであります。つまり、漸く自民党と肩を並べ政権政党となり得る機会(チャンス)を今回の選挙で与えられただけなのです。
 しかし、これからの参議院の運営と国政に大きく重大な責任を民主党が負ったのは紛れもない事実であり、結党以来の悲願である民主党政権に大きく前進いたしました。
 それには「生活が第一」をスローガンとする民主党のマニュフェストが、どう進んでいくか、国民は冷静に見ていると言うことを忘れてはなりません。
 一方では、国民から「民主党は労組などの組織に依存し過ぎている党だ」と見られています。そこからどうやって脱皮していくかが、民主党政権をつくる、キーになると思います。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ