FC2ブログ

一般質問報告Ⅰ

1.新年度予算編成について
○新たに導入した概算要求制度と枠配分を臨時事業に拡大し目指す成果は。
●バランスに配慮した予算編成から、選択と集中が進められる。その効果額はいまは言えない。
○この5年間取り組んできた経常費の枠配分方式の検証と来年の取り組みは。
●職員のコスト意識やマネージメント力の向上に一定の成果はあった。
○この4年間取り組んできた部長裁量枠の検証と来年度の取り組みは。
●当初の想定は、新規事業への充当を考えていたが、ほとんどは経費の穴埋めに使われた。来年度は廃止して、事務事業の改善による節減額をインセンティブ予算として各部に配分し検証していく。
○兼ねてから求めている予算編成過程の公開で、本年度初めて臨時事業の査定の公開が行われたことを評価する(各部から上がった282事業のうち138事業を見直し、金額で50億円の要求を36.5億まで圧縮)。その上で、廃止や見直しをした事業の査定の根拠と理由についても付記し、市民に説明すべき。
●要求のあった事業の必要性は認めつつも、実施時期を延ばしたり、事業内容や経費の精査を求めていることから、査定の理由はおのずと限られる。もう少し様子を見ていきたい。
○来年度、選択と集中を強めるならば、より一層説明責任が求められる。市長の見解は。
●その手法については、様々な手段があり、これからも議論していゆきたい。

※私の前の質疑で、来年度の市長の予算編成方針や事業費の財源確保などの議論がありましたので、この部分については割愛しました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ