FC2ブログ

議会報告Ⅱ

今週末は、火曜日の一般質問終了後に審議される提出議案や所属する厚生委員会や総合開発特別委員会へ提出されている資料の勉強などで過ごしました。
会合としては、会長を務める糸井地区スポーツ推進協議会の反省会に出席しました。また、4~5年ぶりに日新の温水プールで水中ウォーキングをして体をほぐしてきました

今朝の議会報告は空港行政の質疑内容について報告いたします。
2.空港行政について
質問の趣旨
新千歳空港24時間化に向けての深夜早朝便を拡大が昨年、北海道から5年間先延ばしすることが表明されました。一方で、この1年で格安航空会社(LCC)が、急速に台頭してきており、この追い風を逃さず就航に繋げる立場で質疑しました。また、国が2014年から5年間かけて国管理空港を民営化にするとされており、これによる新千歳空港と苫小牧施政への影響と対策。米軍戦闘機訓練の年度内訓練の有無と行われない場合の補助金、交付金の影響について。更には、空港ビルの新築やリニューアルに伴う苫小牧市民の雇用とテナント拡大がどの様に図られたのか。などを質疑しました。

(以下、○は私の質問要旨、●は市の答弁要旨です)
○LLCの追い風を逃さず就航につなげていく対策をどの様に考えているのか。北海道はH25年の提案を考えているが、取り組みの促進を促すべき。
●国の戦略としてオープンスカイを目指しており、様々な角度からエア調査をしている。深夜早朝便の離発着枠拡大と、同じタイミングで行われる騒音対策の環境基準変更をどの様に一致させるか、難しい問題がある。
○空港民営化により、市の抱える課題はどの様に考えているのか。また、現在の権益を守るために千歳市に対応を任せるのではなく、当市としての戦略を練るべきだ。
●空港民営化は、民間の知恵を空港行政に取り入れるとの国の考えである。この過程で自治体関係者からも意見を聞くとされており、この中で深夜早朝便の拡大についても検討がされていく。千歳市とは情報共有と連携をしっかり保ち、自治体の意向を聞き入れてもらうように要請していく。
○米軍戦闘機訓練の年度内訓練は予想されるのか。また、再編交付金と補助金の減額、また来年度の市政運営に影響は出ないのか。
●今のところ訓練開催に関する情報はないが、年度内にも訓練があるものと考え緊張感をもって対応する。交付金2億2千万円には影響はないが、特定防衛施設周辺整備調整交付金には減額の(3千万前後)影響があるやもしれない。
○市長は毎年、空港ビル㈱に対して苫小牧市民の雇用とテナントの拡大を要望しているが、空港ビルが拡大されたこの2年で成果は出ているのか。また、市が深く関与している観光協会の空港ビル売店の従業員3名中2名が恵庭市在住なのは、要望活動と矛盾するのではないか。
●テナントは3店舗から4店舗に増えたが、苫小牧市民の雇用数は24年秋以降でしか把握できない。観光協会には市民を採用に努力していただくよう伝えていく。また、苫小牧の情報発信のスキルが問われるという観点から私(市長)からも直接申し入れしたい。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ