FC2ブログ

地方港湾審議会

野田改造内閣が発足した。目玉人事といわれている行政改革、社会保障、税一体改革に就任した岡田副総理は会見で「希望の持てる日本をつくる」と発言したシーンが繰り返しニュースで流れていました。
私たちも希望を捨てず野田改造内閣を注視していきたいものです。

地方自治体は、財政健全化指数というのがあってこの基準を割ると、問答無用に夕張市に代表されるように財政再建団体に指定され住民に大きな負担が課せられます。
私は国の借金が1.000兆円に迫り、既に地方自治体でいう財政再建団体入りになっている状態だと受け止めています。消費税は上げなくて済むなら上がらない方が誰しもが良いわけですが、消費税増税議論は時期尚早という国会議員の先送り発言には、最近違和感を感じます。その方々には是非その根拠を国民に示してほしいと思っています。
徹底した歳出削減と増税とのどちらを選ぶのかというまやかしの議論(もしくは政争の議論)ではなく、良識ある国会議員ならばその両立をさせなければならないと真正面から国民に語りかけるべきです。
真に希望の持てる日本に再生させるための改造内閣であることを期待します。

昨日、苫小牧港地方港湾審議会が開催され港議会副議長としての立場で出席しました。この審議会は、学識経験者や港湾関係者など25名の委員で構成し、港湾管理者である岩倉苫小牧市長の諮問に応じて、港湾計画の策定や変更などを調査審議した上で、意見を具申する組織となっています。
昨日は、東港におけるコンテナヤードの拡張と西港におけるポートサービス船の荷捌き場所の変更に伴う計画変更が審議されました。
私も2点ほど疑問点を質疑しましたが、いづれも港の機能強化を図るための現在計画の見直しであるために、問題なしとの答申をすることに纏められました。

挨拶回りでは木場、春日、緑町方面を回ってきました。もう少し、スピードアップを図らなければなりません

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ