FC2ブログ

視察調査報告Ⅱ

今回の視察調査の2件目は、熊本県菊池市の交通コミュニティ対策事業について研修させていただきました。
菊池市は「巡回バスとオンデマンドタクシーを最も効率的に配した交通体系を構築し、交通サービス水準を大幅に改善しながら、行政負担の大幅な削減を実現した」とされ、平成22年に地域公共交通活性化・再生優良団体大臣表彰を受賞されています。
市街地を環状線として巡回する「べんりカー」と中山間・山間地区と市街地を結ぶ「あいのりタクシー」を組み合わせて交通コミュニティを成功させています。
「べんりカー」は1便あたり3名のっていれば成功だといわれているなか、6年連続して1便あたり11名を突破しています。また、「あいのりタクシー」は路線バス運行時と比べて行政負担を三分の一に以下に削減するなど、大きな成果を上げています。
市の担当者は、公共交通を考える場合、自治体が陥りやすい落とし穴として「市民ニーズにすべてすべて応えようとする」ところにあると解説していました。
公共交通の目的としては「福祉の充実」「医療受診の公平」「地域振興」「商店街活性」などの多面的な切り口があり、事業の目的をはっきりさせないと、膨大な財政負担がのしかかり、持続可能な交通体系は構築できないと教えていただきました。
苫小牧は、61年間続いてきた市営バスが新年度から民間に移譲されました。今後3年間は現状のバス路線は維持されるもののその後については、見直される可能性が大です。また、22年から植苗地区でデマンドの乗り合いタクシー、樽前地区は今年度からデマンド型バスを一部運行させています。今後の公共交通を検討するにあたって、巡回バスや快速バスの運行も視野に入れており、大変有意義な今回の視察調査でありました。
DSCF0318.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ