FC2ブログ

消費税増税について

6月3日の北海道新聞に日本総合研究所の藻谷浩介氏の「消費税増税は是か非か」という投稿が掲載されていました。消費税増税を考えるのに分かりやすく纏まった内容だと記憶に残っていましたが、昨日おじゃましたお宅のテーブルにこの新聞記事の切り抜きが置いてあり、改めてその記事を見返しました。

・わが政府は年間40兆円弱の税収に対して90兆円以上を支出し、足りない50兆円は国債発行=借金増加で補っている。
・消費税増税で期待される10数兆円程度では焼け石に水でしかない。
・そもそも政府の税収は、過去最高のバブル景気の頃でも年間60兆円。再現できても30兆円以上たらない計算になる。
・今や合計で10兆円程度しかない国家公務員と公共投資をさらに削っても大した効果はない。
・結局、合わせて50兆を超える年金・医療関係支出と地方交付税に大なたを振るい、かつ納税者背番号制導入で税の抜け道をふさぐしかない。
・これらの調整には時間がかかる。しかし、欧州経済危機で時間がなくなってしまっている。
・そこで懸念されるのは、日本国債の格下げ。仮にイタリア並みの格付けに下がり金利が上昇すれば現在年10兆円の国債利払いが30兆円に跳ね上がる。
・税収増効果の怪しい消費税増税だが「日本は南欧諸国とは違い借金を自分でコントロールできるから、格下げは無用だ」という外国の格付け会社向けのポーズが目的である。
(この後に藻谷氏の提言に繋がっています)

いままで、頭の中でモヤモヤとしていたものが少し晴れたような気がしています。つまりは「政治生命をかけて消費税増税に取り組む」という総理の決意は抜本策を講じるまでの時間稼ぎでしかないこと。一方「消費税を上げる前にやることがある」という政治家の主張も問題を先送りする方便でしかないことが見えてくるのではないでしょうか。
書き込みをしながら少々暗い気持ちになってきましたが、この現実を受け止めねばなりません。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ