FC2ブログ

CCS説明会

昨日、「苫小牧におけるCCS実証試験計画」説明会が開催され、地元の促進期成会、企業、町連、そして近隣自治体の皆さん方が参加しました。
経済産業省技術環境局と本実証試験を受託した日本CCS調査㈱から①CCSとは何か ②政策的位置づけ ③CCS実証試験概要の3本柱で説明があった後、質疑が交わされました。
本年の2月に苫小牧において実証試験がおこなわれることが決定する前にも、パネル展や講演会にも2度ほど参加したり、議会でも質疑をさせていただいておりますので、少しは知識の蓄積はできてきたところです。
ヨーロッパのノルウェーなどでは既に16年前から取り組んでいるプロジェクトではありますが、日本では初めての国家プロジェクトであります。まさに地球規模の本プロジェクトがこの地域で行われるのは、地元のものとして誇らしくも感じています。
質疑応答の場面で中々質問者が登場せず、司会をしていた市経済部長からアイコンタクトが送られてきて、予定はしてなかったのですが思わず手を上げてしまいしました
「市民の間に安全性を危惧する声があるが、自然界に普通にある二酸化炭素のリスク想定ははどの様なものなのか?」ということをお聞きしました。二酸化炭素は有害なものではないが、厳重なモニタリングのもとに管理していくことになり、想定外の自体が起こった場合は自然界に戻すことも考慮しているとのお話しでした。この後、フロアーからはさまざまの角度からの質問がだされました。
私が事務局をあずかっている勉強会グループ「創苫会」の7月例会でも、CCSについて講演していただく機会をいただきました。
このプロジェクトを地元の活性化や人材の育成に繋げていけるよう、私の立場からも更に知識を深めていきたいと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ