FC2ブログ

先週末

いま、登別から戻ってきて書き込みをしています。今朝、匿名の応援者といういう方から「時代外れ」というコメントをいただきました。ブログの書き込みはスマホでも出来るという内容です。遠くへの出張の際は小さなPCを持っていき書き込んでいますが、今回の場合は近くでしたので…ということです。
スマホでの書き込みは苦手意識がありまして…アナログから脱しきれない私なのです

土曜日、地域回りを再開しました「川沿町」「ときわ町」「錦岡方面」を回ってきました。市有地の管理の関係でお問い合わせとご意見をいただきました。
午後から「家庭ごみ有料化シンポジウム」に参加し、ごみ有料化に造詣の深い東洋大学の山谷修作教授の講話をお聞きしました。各都市のごみ有料化導入に際し、インセンティブプログラムの必要性について述べられていました。

日曜日、苫小牧・浜厚真救難所夏季合同訓練に参加しました。漁業者の皆さんで組織する救難所は、海難などの有事の際には仕事をなげうって、出動し人命救助などにあたられます。日頃の訓練成果を披露し、この後懇親会なども開催されました。
この後、私が会長を務めている明倫中生徒指導連絡協議会が後援する保護司会「公開研究会」が明倫中で開催され参加しました。会場に入ると主催者から「最初にご挨拶、宜しくお願いします」と急に言われて少々慌てましたが、何とか乗り切りました
保護司関係、民生児童委員、PTA、町内会など78名が参加し、薬物乱用の相談ケースに沿ってグループ討議・発表が行われました。
この後、民主議員ネット夏季研修会に参加する為に登別へ。大変興味のあった研修課題「地域の救急医療を守る」と題した室蘭市立病院の麻酔科医の下館勇樹先生の講演には残念ながら間に合いませんでした。
苫小牧市立病院は、麻酔科医が不足していて病院経営にも大きな影響が出ており、何かヒントになるお話が聞けるのではないかと思っていたのですが…しかし、懇親会の席で偶然にも向かいの席に座ることになり、有意義なお話しを聞くことができました。
先生曰く「私は目の前の命を助けることができないが、皆さん(議員)は多くの人の命を助けることができるのだ」という言葉をいただき激励してくださいました。また、お役に立つなら苫小牧に行ってお話しすることも構わないと気軽におっしゃっていただきました。
是非一度そのような機会をつくれるよう、会派の皆さんに相談してみようと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ