FC2ブログ

初めてのヘリ

今日は久しぶりに、行事予定のない日曜日を迎えています。午前に豊川コミセンのトレーニング室で軽く汗を流し、お昼に柏木町で開かれている「そば祭り」で美味しいそばをいただきにいこうと考えてます。
 昨日、人生初のヘリコプターに乗りました。友人が代表をしている会社の企画でヘリの試乗会があり、苫東の展望台から平取町上空まで乗せてもらいました。以下、実況中継です。
10:40分、機長を含め5人を乗せたヘリが、広大な苫東を抜け東胆振の田園と一級河川の鵡川を経由し、10分後の私たちは平取町の上空にいました。高度500メートル、時速180キロの初体験のへりは、風が強く少し揺れはしたものの馴染みの土地を空から眺める感激の方が勝っており、『○○は高いのが好き』と言いますが私もその部類でしょうか。

 実は、このヘリの試乗は観光目的ではなく、医師の僻地・離島巡回・派遣を企画している㈱日本ヘリ共同運用機構という会社のイベントの一環でした。この後、いま最も注目されている医師である夕張医療センターの村上智彦医師の講演会も開かれ、自治体病院経営と住民の意識改革についての話をお聞きしました。村上医師は以前、医療費が全国1位であった瀬棚町を、予防に力を入れ187位までに下げたことにより、注目され始めた方です。この春に財政破綻した夕張市の病院が無くなる事を受け、私費1億円を投じ、公設民営方式よる「夕張希望の杜」を発足させたのです。「住民の健康知識と意識が高ければ総合病院は必要ない」と主張されたのが、印象的でした。苫小牧が医療・保健行政に学ぶ点多くありました。写真は平取町上空からのものです。

 この後、総務省 公立病院改革懇談会座長でもあり、㈱日本ヘリ共同運用機構のオーナーでもある長隆氏の講演があったのですが、冒頭だけお聞きし、残念ながらグランドホテルニュー王子で開かれる民主党北海道9区の次期衆議院選に向けた合同選対本部発足総会に出席しました。

DSC00074.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ