FC2ブログ

決算委員会報告Ⅲ

今朝は、23年度一般会計決算委員会における「環境衛生費」における質疑内容を報告いたします。
○が質問要旨、●が答弁要旨です。

1.ウトナイ湖ラムサール指定20周年事業費
○苫小牧を代表する観光資源であるウトナイ湖だが、遊歩道の木道の傷みが激しい。ボランティアによる改修も限界があり、市として一定の考え方を持つべき。
●ウトナイ湖の遊歩道は湖側の環境省が設置した木道とS59年に民間が設置した木道の2種類がある。前者は順次補修しているが、後者については民間とも協議して市の対応を検討したい。

2.清掃費
○23年度のリサイクル率とリサイクル事業評価をお聞きする。
●速報値で21.3%(21年度17.3%、22年度20%)となっている。集団資源回収などの資源化量が増えたことによる。全国平均20.8を上回ったが、全道平均22.8%を下回っており更なる取り組みを進めていく。
○廃プラスチック回収に取り組んで2年目の決算だが、前年比などの事業評価についてお聞きする。
●出前講座、イベントPR、資源化工場の市民見学会などで分かりやすい市民周知に努めたが、22年実績とほぼ横ばいの1,800tの回収に留まった。目標量3,000tに対しては62%。依然として不燃物ごみに入ってきている量が多く、今年度から取り組んでいる常設説明会などを通じて更に周知を図っていきたい。
○公共施設におけるアスベスト除去の状況と未実施物件に対する考え方は。
●公共施設におけるアスベスト除去は42件中36件が取り組み済みであり残り6件ある。これらは安定しているが出来るだけ早く改修していく。その間の安全面の対策は取っている。

3.公衆浴場確保対策事業
○毎年、公衆浴場が減少傾向にあるが市民生活への影響と更なる対策についてどの様に考えているのか。
●北海道の示している入浴率基準に沿って1浴場に対して上限50万円の補助金を出している。21年に増額したばかりであり、今後の推移を見守ってまいりたい。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ