FC2ブログ

兵庫県尼崎市より

今朝は兵庫県尼崎市駅前のホテルからの書き込みです。

昨日は尼崎市役所におじゃまし「地域社会の子育て機能の向上支援事業」について学ばせていただきました。
尼崎市ではH17年から虐待、いじめ、不登校問題など子どもを取り巻く環境の変化に対応する為に検討委員会を立ち上げH18に条例検討委員会設置、H21に「尼崎市子どもの育ち支援条例」を制定しています。この条例の内容や意図するところを学ばせていただきました。各自治体の子育てに関する施策は「次世代育成支援対策推進行動計画」を国から策定する事が求められており、これに基づいて子育て支援が行われていねところです。苫小牧市でもH22~26年までの5年間の後期計画に取り組んでいるところです。
尼崎市ではこの条例に基づく施策を推進するため正職員2名、嘱託職員1名の体勢を整えています。特徴的な事業としては「子育てコミュニティーソーシャルワーク」があります。これは、子育てコミュニティーワーカー(嘱託)を配置し、子育てに関する人材や社会資源の情報発信、子育てグループへのアドバイスなどの側面的支援を行っています。年間120日ほど現場に出向き活動している中で、地域の子育て広場の開設に繋げたり、定期的な地域の子育て学習会&交流会の開催に繋げた成功事例などもお聞かせいただきました。
一方では、新しい事業なので住民から理解されにくい、成果指標が設定しずらいなどの課題もお聞きしました。
他に印象に残った事としては、スクールソーシャルワーカーが教育委員会ではなく、福祉部局に配置されていたことです。お聞きしたところ子ともの問題行動に対応していくには、学校サイドより福祉の分野からのアプローチの方が効率がよいとの返答でした。固定概念に縛られない発想だと感じました。本日、夕方には苫小牧に戻ります。
DSCF0616.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ