FC2ブログ

特別支援教育の視察

昨日、特別支援教育の視察調査として教育委員会指導室の方々に随行していただき西小学校におじゃましてきました。
折角の機会でしたので、会派の同僚議員もお誘いしたのですが、知らない大人が何名も教室に入っていくと子供たちがパニックになる恐れもあるそうで、今回は私だけの視察とさせていただきました。
当市の特別支援学級は、市内に養護学校が設置出来ていないということもあり、H19年に「苫小牧市の特別支援教育推進のために」という指針を策定し、それまでの拠点校方式をあらためで、各小中学校に特別支援教室を設置する目標を掲げ整備してきています。
とりわけ、西小学校の特別支援教室は歴史があり、知的、情緒の障害に加えて市内で唯一肢体不自由の教室もあります。
こちらでは、肢体7名の児童に対して教員2名と介添え人3名パート1名が配置、知的3名と情緒3名の児童に対して教員3名と介添え人1名がそれぞれ配置されています。
短時間でありましたが、それぞれの授業風景や施設を見学させていただいたり、校長先生からも教育現場のお話しをお聞かせいただきました。
彼らの人生にとって、学校教育期間は人生の基盤をつくるための特に大切な時期だと思われます。そこをどう充実させていくことが出来るのか、、、改めて行政の役割について考えさせられる機会となりました。

昨日、苫小牧市と苫小牧郵便局が不法投棄撲滅に関する協定書を締結したとの記事が地元新聞に掲載されていました。初めてこの関連の議論をしたのが10年前です。その際の議事録ですので興味があったらご覧ください。
http://www.kaigiroku.net/kensaku/cgi-bin/WWWframeNittei.exe?USR=hoktoms&PWD=&A=frameNittei&XM=000100000000000&L=1&S=15&Y=%95%bd%90%ac14%94%4e&B=255&T=0&T0=70&O=1&P1=&P2=%8f%bc%88%e4%89%eb%8d%47+&P3=&P=1&K=1&N=3&W1=%97%58%95%d6%8b%c7&W2=&W3=&W4=&DU=0&WDT=1

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ