FC2ブログ

自治体議会選挙の無投票

一昨日、お隣の千歳市で市議会議員選挙が行われ無投票で当選が確定したと報じられています。先の臨時議会開催中に会派内でもこの無投票の可能性について話題となっておりました。
今回の千歳市議会選挙は定数25に対して最後の一人が締め切の2時間前に立候補届を選挙管理委員会に提出したそうなので、もしやして定数が割れるという危険性もあったのではないかと思われます。

候補者を選ぶ側の有権者と選ばれる側の候補者の立場の両面から今回のことを考えてみました。
まず有権者としてみれば、一番身近な議員である自治体議員の選択の機会が無いということは非常に残念だったと思います。

新聞の見出しには「選択肢奪われ怒りの声も」ともありました…では、選択肢を奪ったのは誰なのかという話にもなりますが、まさか候補者予定者が談合して無投票にするなどの芸当が出来るはずもありません。従って、短絡的に言うと議員になる魅力が失われつつあるのかとも思われます。失業率は高くとも人手不足や人材不足の業種があると聞きますが、同じような傾向といえるのでしょうか。

一方、選ばれる側の候補者としては「羨ましく思っているでしょう?」という声が聞こえてきそうですが、実はそうでもありません。選挙期間はたったの一週間ですが、最初から選挙が無いと分かっているわけではありませんから、選挙に向けた準備は半年ぐらい前からリーフレットなどの印刷物を作成したり、数ヶ月前から後援会事務所を開設したりして臨戦態勢に入っています。また、次期の選挙結果をモチベーションとして任期中の議会活動や議員活動を頑張れるという視点もあります。そんな中で、有権者の審判が得られないことを残念に思う候補者も多いのではないかと思います。

今回お隣の千歳市議会選挙であったことを我が街には関係ないと思わずに、今任期の折り返しを迎えた市議会議員それぞれが、市民にとって魅力のある議員になり価値のある議会をつくっていかねばならないと感じさせていただきました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ