FC2ブログ

待機児童について

横浜市が待機児童ゼロになったと報じられています。
3年前に待機児童全国ワーストを記録した横浜市が、民間企業の保育所を事業への参入を進めて待機児童ゼロを実現したとのことで、大きな記事になっています。
大都市ならではの民間企業の参入だとは思われますが、一方では施設基準や保育の質に対する懸念も指摘されています。
そこで、苫小牧市における待機児童の現況ですが、北海道庁に提出している年2回の現況報告ではH22年~H24年の4月現在では待機児童は0となっていますが、10月時点では、23年度は66名、24年度は54名が待機していたことになっています。この待機児童の年齢は0歳児や1歳児に集中しており、翌年の4月の入れ替え時期には上手くはまっているかたちになっているのだと思われます。
この間の保育所の整備は、特に東部地区の出生増に対応するために23年にウトナイ保育園で45名の定員増、24年に中野保育園新築に伴い定員10名増などをしており、26年度は沼ノ端保育園の分園開設に伴い20名増の予定です。また、市立保育園の民間移譲の計画も策定されており、26年にはその第一弾として市立すみれ保育園の民間移譲に伴い延長保育の30分延長など保育サービスの向上が図られる予定となっています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ