FC2ブログ

職員給与の削減

市民の方から市職員の給与削減に関して「削減率もラスパイレス指数も総務省の要求よりも下回っており何とも情けない内容だ。改革派の議員は市民の声を代弁すべき」という厳しい内容のメールを頂戴しました。
これは政府が、ラスパイレス指数(国家公務員の給与を100とした場合の給与水準)が、100を超えている自治体に対して給与削減するように求め、これを実行しなかった自治体に対しては相当額の交付税を減額するというものです。
これまで、苫小牧市は国交準拠といって人事院勧告に基づき給与を見直してきており、ラスパイレス指数100以下で支給してきていましたが、国家公務員給与は東日本大震災の復興財源にあてるために24年度と25年度の2カ年に渡って国家公務員の給与削減が行われており、結果として昨年4月時点での苫小牧市のラスパイレスは107.0となっておりました。
この間に総務省から過去の行革効果なども勘案するとの意向が示され、本来なら7%分を削減すべきというところでしたが、3.65%削減すれば交付税減額されることなく、市民サービスにも影響しないとの判断で6月議会に条例改正案が提出されると報じられています。
私が今回感じていることの1つは、新聞の取材に対して道内の市町村の4割が削減する方針だと回答しているなかで、削減率を圧縮したと言えども、道内で一番最初に職員組合と妥結したということです。平たく言えば当市の組合も変わってきたのか…というのが率直な感想です。
6月議会までに本議案に対して更に勉強すると共に市民の皆さんのご意見をお聞きしたり、会派内の意見交換も進めながら、審議に臨みたいと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ