FC2ブログ

特別支援学級体制の要望

昨日、肢体不自由児の特別支援学級に看護師と訓練士の配置する要望を4組の親子が岩倉市長に提出しました。知人の紹介で、親子と知り合わせていただき、今回の市長あての要望も取り次ぎをした関係から私も随行いたしました。
苫小牧市内には西小学校に肢体不自由児の特別支援学級があり、先月現場を視察させていただいております。現在、7名の児童が在籍をしており、中には痰の吸引や胃ろうなどの医療ケアの必要な児童が在籍しており、これらの児童が学校に通うにはお母さんが付きっきりになっていなければ通学できないというかたちになっています。
他の選択としては、平取養護学校に在籍して週3回、2時間づつの自宅での訪問教育を受けるか、真駒内の養護学校の寄宿舎に入るしかありません。調べたところ、道内でも帯広市や名寄市などをはじめ、おとなりの厚真町など数カ所で、小中学校や保育所向けに看護師資格を持つ介助員を配置しているとお聞きしました。苫小牧での養護学校設置は、長年にわたり北海道に要望しておりますが、残念ながら実現のめどが立っておりません。どうしたら、この子たちが地元で回りの環境とも関わりながら暮らしていけるのか、今議会の中でも議論していきたすと思っています。

札幌のホテルで開催された北海道中小企業家同友会の「中小企業憲章制定3周年記念セミナー」に参加しました。前述した要望と日程が重ねっておりましたので、全体の三分の一程度しか聞くことができませんでしたが、苫小牧市もこの4月に中小企業振興条例が制定しておりますので、これからが本番だという気持ちで講演を拝聴しておりました。

札幌からの帰りの車で急に寒気がしてきて、帰宅後に速攻で布団につきました。ここ一週間、風邪気味で何とか市販薬などでごまかしてきましたが、とうとう熱が出てしまいました。昨晩、たっぷり汗をかいて今朝は起き上がれましたが、議会前なので体調を整えたいと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ