FC2ブログ

将来に向けた新たな取り組み

暦の上では秋の始まる日「立秋」です。しかし、西日本を中心に暑い日がつづき名古屋の最高気温は38度を予想しています。苫小牧は相変わらず涼しい日を過ごしており有難いことです。

「国立社会保障・人口問題研究所」という組織をご存知でしょうか? 厚生労働省の外郭団体で将来の人口推計をし、国の社会保障制度の中長期施策を検討する際のデータを提供しているそうです。
ここの発表によりますと日本の将来推計人口(平成24年1月推計)は約50年後の平成72(2060)年の人口は30%減の8,674万人、65歳以上人口割合は39.9%となっております。50年後は私は103歳であり多分生きておりませんが、それでも次の世代のことを考えると更恐ろしい感じがします。
一昨日、社会保障改革国民会議の最終報告書が公表されました。人口減・少子高齢が進む中にあっても医療や介護などの社会保障を持続させていくには増税による財源を確保して負担の仕組みを変えるなどとした方針が示されました。地方においても医療の再編や国民健康保険などの更なる責務が課せられるようです。
道内でも比較的恵まれているといわれる我が苫小牧にあっても、およそ20年後には現在の17万4千人から14万2千人にまで人口減になると推計されています。
地方自治体も今までのことを今まで通りにやっていれば、行き詰ることは火を見るより明らかであり、我が市においても更なる改革が求められている所以でもあります。
庁内では来年度予算編成に向けた作業が開始されています。今年からこの予算編成作業と同時並行で将来の人口減による税収減を見据えた「行政事業診断」がスタートします。補助金や事業の廃止・統合なども視野に入れ市民にとって痛みを伴うことも当然予想されますが、これらの動きもしっかり注視していき自分なりの意見を述べていきたいと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ