FC2ブログ

一般質問報告Ⅳ

昨日、3名の議員が一般質問に登壇し終了した後に補正予算などの議案審査に入りました。議案審査では指定管理者の選定に関して、全体的な傾向として公募施設より非公募施設の指定管理料が割高になっていることを取り上げて改善を求め、理事者からは精査する旨の答弁がありました。本会議終了時刻は21時でした。
今日と明日は本会議を休会し、常任委員会と特別委員会が開催されます。

今朝は一般質問で取り上げた「道立の病院廃止」について質疑内容を報告いたします。

4.道立病院の廃止について(○は質問要旨 ●は答弁要旨)
本年11月の北海道の道立苫小牧病院の廃止決定を受け、既存施設・跡地利用について児童相談所分室設置や老朽化した身障者福祉センターなどの移転先にしたい旨の正式要請を行ったと報じられています。また、道立病院が担ってきた地域医療の今後の補完体制について取り上げました。

○改めて既存施設の活用の提案内容と提案理由、更にそれらのに関連して北海道に要望した内容についてお聞かせ下さい。
●児童相談所については、東胆振・日高地域における児童虐待通告件数の増加にに伴い、児童相談所職員が常駐可能となる分室について、児童の一時保護が可能となる児童養護施設とともに必要な施設と考えている。また、心身障害者福祉センターは昭和52年に建設し老朽化と狭隘化が進み大規模改修が必要である。
北海道に対し既存施設や敷地の無償譲渡と、障害児者レスバイト機能や入浴施設も含めた改修費用についてもお願いしている。

○今後の検討の進め方とスケジュールについては。
●北海道では提出された市の要望内容について、早急に検討すると聞いている。今後の協議となることから、現時点で詳細なスケジュールは言えない。

○民生委員が中心となり、児童相談所分室設置に向けた7万4,051名の署名が北海道に提出されているが、市長の受け止めと実現向けた感触は。
●本市としては長年の要望事項であり、市民の熱い思いが北海道に届くものと期待している。是非、この機会に設置していただきたいと考えている。

○道立病院の廃止に伴い現在在籍している看護師27名を市立病院に受け入れるべき。
●道立病院はこの12月に個別面談し希望を把握するとしているので、希望があれば前向きに受け入れたい。
○結核患者などについては3次医療圏の札幌へ移送することになるが、つなぎの2次預かりについてぱ市立病院の感染病床4床で対応する。また、慢性期患者については、地元の医療へスムーズ引き継ぎがなされているところである。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ