FC2ブログ

JR本線の高架化

今朝も厳しい寒さとなっています。この季節は、目覚めてからもベットの中でいつグズグズしてしまいます。

北海道新聞の地方版に「いま苫小牧ほしいもの」という特集記事が組まれています。今朝は南北の分断解消『JR高架』が取り上げられています。
道内でも高架化したマチがいくつもあり、苫小牧でも鉄道高架に取り組めば、中心部の経済活性化に起爆剤になる。しかし、鉄道貨物の取扱いと巨額建設費がネックになっているという内容です。

私たち会派の改革フォーラムで一昨年の暮れから、政策要望を市に提出していますが、この要望事項の1つにJR本線の高架化の調査研究を求めています。以下が要望内容と回答でした。

要望事項→JR本線の高架化
JR線がまちを二分しており、人・車の往来は跨線橋を利用して不便。千歳のような形態に向けてJR会社と協議・研究することを求めます。

2013年度回答→(総合政策部まちづくり推進課 担当)JRの高架化につきましては、主要道路の立体化やその他の道路の踏切平面交差が不要になり安全面や経済面の利点はありますが、既に主要道路の立体化がほぼ整備されておりますので、高架化は難しいものと考えております。

1月30日に会派の視察調査で1996年に高架を実現した帯広市に伺い勉強してくる予定です。未来の苫小牧をイメージし、しっかり学んでまいりたいと考えています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ