FC2ブログ

帯広市視察調査

昨日、会派視察調査の2日目で帯広市役所におじゃまして「中心市街地の活性化」と「防犯灯のLEDリース化」について学ばせていただきました。

苫小牧市の中心市街地活性化の取り組みについては、CAP(まちなか再生プロジェクト)パートⅠ(H23~H25)に取り組んでおり、この春には居住人口対策として若草町公営住宅120戸の供用開始、秋には交流人口増を狙ったまちなか交流センターをオープンさせる予定となっています。
帯広市においてはH19に「中心市街地活性化基本計画」を策定し現在2期目(H25~30)に入り、中心部の再整備事業や優良建築物整備事業などの45事業について取り組んでいます。苫小牧との違いでは、定住人口や交流人口のはっきりとした数値目標や指標を掲げて取り組んでいるという印象を持ちました。
私たちの会派として、将来のまちづくりの中でJRの高架化を提言しておりますが、既に帯広市では96年に6.2㎞にわたり総事業費280億円、市負担30億円で実現させております。これらの取り組みによる市民の利便性に加え中心市街地活性に対する貢献などについてもお聞きしました。

2つ目の調査テーマとしての「防犯灯のLEDリース化」についてですが、苫小牧では一昨年から私が大阪府などのの先進事例を上げて取り組みを求めているものであります。帯広市では、1年間の検討期間を経て25年と26年の2カ年で、市内13,000灯を全てLEDのリース化にする取り組みがされています。その事業効果はおよそ年間2,700万円の電気料の節減をさせて、その財源でリース料を支払うと言った収支になっており、取り組まない理由は無く1年でも早く実施すべきという判断に至ったという説明でした。私がこれまで持っていた制度設計上の疑問点もお聞きすることができ、今後市に求めるべき論点も明確になった視察調査となりました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ