FC2ブログ

介護保険事業の質疑

昨日も新年度に向けた企業・特別会計の予算委員会が続行され介護保険事業会計、後期高齢者事業会計、水道事業会計の予算案に対して質疑がされて私は介護保険事業会計で質疑をいたしました。

介護保険制度は2000年に創設され、各市町村がが3年ごとに策定さする介護保険計画に沿って介護サービスや保険料が定められています。本制度は介護サービスを利用する人が多くなるほど、また施設整備などのサービスの質を高めれば高めるほど介護保険料が高くなるという仕組になっています。第1期の苫小牧の保険料は確か月額3,200円程度だったと記憶していますが、その後はどんどん値上がりして現在4,864円となっています。新年度に策定する第6期計画でも更に値上がりするのは確実視されおり、保険料抑制の取り組みに焦点が当てられています。
質疑では、新年度が第5期介護保険事業計画(2012~2014)の最終年度となり、計画よりも上回っている利用料の分析、計画を下回っている予防事業の向上対策、次期計画における介護保険料抑制の考え方について質疑いたしました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ