FC2ブログ

上下水道予算案の質疑

昨日も企業・特別会計の新年度予算委員会が再開されて水道事業会計、下水道事業会計、市立病院会計の質疑が行われました。
これまでの質疑では、巡り合わでほぼすべての会計で最後に質疑をしています。各会計とも委員長から1番目に指名してもらえると、新年度の目玉事業などの質疑ができて新聞にも載りやすくなるのですが、最後の方で10番手近くとなるとそれまでの重複した質疑は割愛したり、前段の議論を踏まえた質疑をせねばならず、少々面倒でもありテクニックもいるということなになります。そんなことで、昨日の水道は最後の質疑で8番手、下水道の質疑も最後で8番手でしたので前述した事情も勘案して読んでいただければ思います。
以上、長めの言い訳でしたぁ。。。。

水道事業は累積資金収支(預金)が15億円を超えて優良会計となっておりますが、累積資金収支の今後の見通しを質したところ7~8年は黒字が続くが、H32年頃から起債償還(借金返済)が増えて、累積収支が減少していくとの見解が示されました。また、職員定数の見直しや特殊勤務手当の見直し、更には収納率アップに効果的な口座振替の推進について求めました。
下水道事業では、主要設備の長寿命化計画(H25~H29)における全体計画の総事業費と事業効果について質し、総事業費24億円をもって一部改築のものについては7年以上の長寿命化、全部改築のものは2倍以上の耐用年数を図り長寿命化するとの答弁がありました。また、新年度も随意契約をする勇払下水処理センターと高砂下水処理センターの委託料について、昨年に競争入札を導入した西町下水処理センターの落札結果を踏まえた随意契約となるよう求め、指摘した趣旨を先方に伝えて努力していただくよう申し入れるとの答弁を引き出しました。
他の質疑については、議会終了後の早い時期にホームページの議会報告にアップさせていただきます。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ