fc2ブログ

震災から3年

あの日は、市役所の9階で予算委員会が開催中でかつて経験したことのない大きな揺れで審議は中断しました。選挙のために開設していた事務所に戻り、スイッチを入れたテレビから、陸地をせり上がる津波が次々と家や車を飲み込んでいく信じられない光景が飛び込んできました。
東日本大震災から3年。不明者が2,633人、死者は15,884人、いま尚27万人の避難生活をおくる被災者がおられます。
いま開催されている予算委員会でも、各分野での災害対策や危機管理について議論がされています。今日改めて、被災地の復興と災害の備えについて考える日にしたいと思っています。

昨日も企業・特別会計の予算委員会が続行され市立病院事業会計と土地造成事業会計についての来年度の予算や取り組みについて質疑されました。
市立病院会計では、緊急患者の対応について私が市民からお聞きしたケースを取り上げて市の考えを質しました。救急患者についてはコンビニ受診が問題となり、医師の疲弊や負担に繋げるとしてH22年に夜間・休日救急センター再整備して一定の効果を上げています。私のお聞きしたケースでは、昨年の暮れに3日間にわたり高熱が続き夜間・救急センターに2回通って症状が改善せず元旦の朝方に二次医療の当番病院である市立病院に駆け込んだが、事前の連絡を入れなかったことを理由に診ていただけなかったという例を上げて、この事実関係を調査するとともにその際の病院側の判断が正しかったのか今後に活かすための検証を求めました。
また、土地造成事業会では昭和62年のピーク時に242億円の赤字があった同会計が、新年度に黒字化が見通せる状況になったことを評価した上で、会計閉鎖を含む今後のあり方と、同会計から市内の民間企業に貸し出している600万円の長期貸付金の処理について質しました。会計閉鎖時に向けた作業の中で関係者と協議していく旨の答弁がありました。

コメントの投稿

非公開コメント

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク