FC2ブログ

予悔(よかい)

 昨日、議員協議会が開催されH20年~H29年までの「苫小牧市第5次基本計画(案)」が説明されました。
 前段で開催された代表者会議で「自治法では総合計画は議会の議決を受けなければならない。まだ、総合計画が議決を受けてないのに、それに基いて策定される基本計画が議員協議会の案件になるのは自治法に抵触するのではないか。」との意見が出されました。
 議論の結果、本日はこの基本計画に質疑をするというのではなくて、説明を受けるということで話が収まりました。
 
 予てから、この自治法はじっくり勉強しなければならないと思っているのですが、この分厚い「自治6法」の最初のページを眺めるだけで脳がウニになってしまいそうです。何か良い勉強方法があったら是非、教えてくださーい。

 全議員が出席する協議会の冒頭、岩倉市長から本基本計画について ①20年間の総合計画を10年に短縮し、それに合わせて10年間の基本計画案を検討した。②地方分権が更に進むことが予想され、自治体運営の自立をめざす。③市民に分かりやすく、主な事業と評価指標を明記したとの3点の特長について説明がありました。

 私が所属していた青年会議所のセミナーで『予悔』という造語をしりました。皆さんは「後悔」という言葉を使われたことがあると思います。私はしょっちゅう使っています
 「後悔」は現在から過去を振り返り反省をするものですが、『予悔』とは将来から現在を振り返り「後悔」するものなのだそうです。
 例えば現状に甘んじている苫小牧市があり、そのまま10年が経過したとします。その10年後の苫小牧を想像するのです。その想像した10年後の苫小牧の将来から現在を後悔する。これが『予悔』なのです。これに似たようなことは誰しもが無意識にやっていることだとも思います。
 後悔があれば反省もあり、何をなすべきか自ずとアイディアが浮かんでくるでしょう。
 私なりに10年後の苫小牧から『予悔』をし、この基本構想を見直してみたいと考えています。
 

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ