FC2ブログ

千葉市より

今朝は千葉市駅前からの書き込みです。
昨日、議会運営委員会の視察調査で千葉市議会に伺い議会運営に関する勉強をさせていただきました。一口に議会運営といっても各議会のでの過去の歴史や経緯などから、それぞれに特徴があります。
議会運営委員会の視察調査は前期・後期の2年間で1回づつ実施されますが、私は1期目の際に参加して以降は久しぶりの参加となります。
現在、苫小牧市議会では「議会改革に関する検討委員会」が設置されて、一問一答方式や反問権の導入についての検討がされています。千葉市議会では、2年間にわたり15回の検討協議会を重ね平成22年12月定例議会の本会議から一問一答方式を導入し、昨年から各常任委員会や特別委員会にもその方式を拡大させています。
一問一答方式でも1回目の質問から一問一答やるか、2回目からやるのか、それとも従来通りの一括質問にするのか3通りから議員が選択できるようになっていました。最近2年間の一般質問の実施状況は43%が一括質問、57%が一問一答という説明でした。傍聴者へのアンケートでは、87%が一括質問方式より一問一答方式の方が分かりやすかったとが答えており概ね好評という結果がでています。
また、執行部への反問権の付与については「導入後に不都合があれば検討する」ということでスタートしておりましが、現在においても執行部、議会側の双方が何ら不都合は感じていないということではした。
他にも一問一答方式の導入に際しては、細部にわたっての調整しなければならない事項が数多くあることが説明され、大変参考になりました。
DSCF1494.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ