FC2ブログ

定住自立圏構想

16日に苫小牧が東胆振1市4町による「定住自立圏構想」の中心市宣言をしました。昔から広域のごみ処理など様々なかたちで東胆振地域においては行政間の連携を図ってきた経緯はありますが、近年、国が進める自治体連携の強化策として財政措置を伴う取り組みが全国的に行われています。
6年ほど前に東胆振のある首長さんと1時間ほど懇談させていただいた際に「東胆振地区においていまの苫小牧は遠心力が効いている、求心力を発揮すべきだ」という話をされていました。つまりは、東胆振全体のことをもっと考えていくべきであり地域全体を引き上げる役割を担えという意味だったと記憶しています。
今回の定住自立圏構想は、まさにその道筋を考えるスタートラインに立ったのだと感じます。国の予算措置とは言っても中心市でも年間8,500万円程度のものだったと思いますが、これまでの枠にとらわれず地域の住民に対してどの様な利点を生み出すことができるか知恵の絞りどころです。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ