FC2ブログ

何のための計画?

昨日、第2回苫小牧市農業委員会総会が市役所で開催されました。今回の総会では調整区域における土地売買に関する無現況証明、農業法人要件の確認、農地の貸借による利用集積の審査などを行いました。
他にも農業経営基盤強化促進法基本構想の案が提出され各委員から意見が出されました。本計画は平成22年に策定されたものですが、26年4月に国が農業改革を推進するための法律を一部改正したことにより、これに伴う変更を求められていました。主な改正点は遊休農地の有効活用を促進するための農地中間管理機構のの創設に伴うもの、青年等の就農支援に関するものが加わりました。
この計画の中で、本市では年間1人の新規就農や5年間で農業法人を2増加させる、更には有効農地を95%に引き上げるなどの具体的な目標値が出されていましたので、本計画へのPDCAサイクル(注)の必要性について求めさせていただきましたが、今後の農業支援関連の補助金確保のための計画策定という意味合いが強いらしくて議論が全く噛み合いませんでした。そのような事情が分からない私が全く見当違いな指摘をしてしまっていたようです…でも、本当にこれで良いのでしょうか。。。疑問が残ります。
かなり以前に先輩議員から議会における理事者答弁で「これはあくまでも計画ですから(実際に達成しなくてもよい)」といった答弁があったと聞かされましたが、それを思い出してしまいました。

(注)目的達成のための計画(Plan)、計画の実行(Do)、実行したことによる結果の評価(Check)、より良い結果を出すための計画の改善(Act)の4つの工程を繰り返すことにより、品質管理などの管理業務を改善していくことからこの名称となっています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ