FC2ブログ

市立病院災害対策訓練

昨夜、市立病院の災害対策訓練が行われ会派のメンバーとともに視察させていただきました。
訓練は午後3時に発生した地震によって、市内に多数の負傷者が病院に搬送される可能性が高いという想定で行われました。見学者に配られた資料によると想定患者数30~35名、参加職員数140名程度で負傷がいつ運ばれてくるのか、また、今回の訓練での自分の役割は何かとなど詳細は知らされてなかったとのことでした。
訓練は午後6時半から午後8時まで、運ばれてくる負傷者災害時医療体制で(※)トリアージを行っており、スタッフが各持ち場で淡々と進められ印象でしたが、訓練の後半で負傷した赤ちゃんの人形が搬送され、その赤ちゃんのお母さん役のスタッフの真剣な訓練でその場の雰囲気が一変しました…鬼気迫る訓練で、これには感心させられました。
最初に搬送されてくる場所でもあり、院内トリアージをずっと見学していた中野副市長が「ロビーに設置している点字ブロックが支障がある」と感想を述べられていました。
このような訓練を重ねることで、改善を重ねてより充実した緊急医療体制が整っていくのだと思わせていただきました。
(※トリアージ:災害・事故現場などで一時に大勢の負傷者が発生した時に、重症度によって治療の順番を決めること)
DSCF1703.jpg
DSCF1707.jpg
DSCF1711.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ