FC2ブログ

初めての一問一答方式

昨日、私の所属する文教経済常任委員会が開催され、小中学校の統廃合を含む「苫小牧市小中学校規模適正化プラン」について説明があり質疑が交わされました。
注目すべきポイントは、①明徳小学校を錦岡小学校に統合する ②東小学校を東中学校の敷地に移転させ小中併設校とする ③沼ノ端中学校プレハブ校舎などの環境整備に取り組む など3点です。
私は、大前提となる市教委が示している学校適正規模(小学校12~24学級、中学校9~18学級)とする根拠、統廃合や移転に際して、今まで以上に教育や環境を向上させるというインセンティブを明確にする必要性、これらに取り組む際の国の支援策や学校建設財源についての考え方を質しました。
昨年、弥生中学校を閉校した経緯はありますが、小学校の統廃合という保護者や地域の方々の反響も大きなものになっていくと想像されます。年度内は庁内調整が図られ、新年度に地域説明会や保護者説明会が開催される予定です。
その他の所管事項で、コメリ出店に際しての中小企業振興条例に基づく対応、地元経済への影響と対応。教育部所管の指定管理施設の貸館業務における定員数の考え方について質疑しました。

今回の常任委員会から一問一答方式が試行実施されました。私も一問一答を選択して質問しましたが、これまでの総括質疑より、時間が過ぎるのが早いということと議論の引き際を見極めるタイミングが難しいと感じました。
同時に導入目的である市民が聞いて分かりやすい議論という意味では効果的だとも思いました。いづれにしても、一問一答方式を根付かせて議論を活発化させるためには、議員と理事者の双方の更なる勉強や努力が必要になってくるのではないかと思われます。

衆議院選挙まで、残すところあと2日となりました。昨日の道内市ではここ9区の状勢を自民現職に対して民主元職が「猛追」という見出しの表現が使われていました。私の拙い体験から言うと「猛追」といしう表現は、かなりいい線を行っているという感じがあります。候補者の訴えがこの9区に広がり、もう一歩のところまで来ているようです。
今入った情報によると産経新聞の世論調査でも北海道9区は互角の戦いだということです。もしかしたら。。。。期待できるのかもしれません。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ