FC2ブログ

診療報酬返還問題

市立病院の新生児集中治療室(NIUC)の過去の診療報酬約2億円を返還するよう北海道厚生局から求められていることが報じられています。
昨日、届いた市からのメールによると、理由は夜間看護師の配置基準が満たされていないことと施設の間仕切りが新生児回復治療室(GCU)との仕切りが不明確だと指摘されたという説明でした。
この新生児集中治療室(NIUC)については、24年度に6床から9床に約1.5億円かけて3床増設しました。しかし、看護師不足により全床がNICUとしては使われておらず、24年度予算委員会、25年度決算委員会、26年度予算委員会と3度にわたり、費用対効果や今後の運用の見通しについて質疑した経過があります。
(このやり取りは市議会ホームページの議事録で、検索で「NICU」、議員名「松井雅宏」と検索していただければご覧いただけます http://www.kaigiroku.net/kensaku/tomakomai/tomakomai.html)
当時の質疑では「看護師不足により全床の運用ができていないが、NICU3床分の増収見込みが2,600万円のところ、GCUとして活用し2,400万円の収入を見込んいる。その差は200万円だがなるべく早く全床NICUとして稼働してまいりたい」と答弁していました。補助金なども入れ込んで整備した施設が、本来の目的に使われていないことに違和感を覚えたのを記憶していますが、その際にこの問題を明らかにできなかった自身の不明を恥じるとともにお詫び申し上げたいと存じます。
院長や麻酔科医の不在が解消し、また、看護師不足により閉鎖していた病棟も一部再開したばかりの市立病院経営ですので、再発防止と今後の病院経営の推移を注視してまいりたいと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ