FC2ブログ

子育て支援と受益者負担

昨日、2月20日に開会する第17回定例議会の議案説明会が開催されました。
新年度予算関連の資料も配布され、各会計における主要事業一覧表を確認すると、これまで私が求めてきた防犯灯のLED化の予算 3億2千万円、市立幼稚園の民間移譲関連経費 9千百万円、不妊治療費助成事業 1千万円などもしっかり盛り込まれておりました。
これらの予算が市民の立場からして、より効果的に使われるように予算委員会で更に議論を深めてまいりたいと思っています。

4人の子育て真っ最中の友人から児童保育についてご意見をいただきました。新年度から学童保育の対象年齢が小学校3年生から6年生まで引き上げられたり、時間の延長保育や土曜日保育などの拡充が図られる一方、これまで利用料が無料だったものが一部有料化されます。その友人の話では、複数の子どもを育てている家庭の負担が大きいというご意見です。今回の改定が、受益者負担と子育て支援策のバランスが採れているかという観点での検証は不可欠だと感じています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ