FC2ブログ

投票率低下に思う

先日の道議会議員選挙でも投票率が下がり、過去最低を記録しました。予想はしていたものの残念な気持ちです。地域回りをしていてよく「自分が一票を投じたって何も変わらない」という話を耳にします。そのお気持ちは十分理解できますし、私自身の反省も踏まえた上で2つのことをお伝えさせていただいています。

1つ目は、このまま投票率が下がり続けると「一部の利益の為や特定の思想の為の議会」になる危険があるということです。より広範な市民意の見を反映すべき議会が、そのようになって良いわけがありません。
2つ目は、投票率が下がり続けているといいうことは、言い換えると議会への住民の注目度や期待度が下がり続けているということです。無視される議会、期待されない議会であれば、それを構成する議員のレベル低下に確実に繋がります。
いまの議員のレベルについては、私もその一人でありますので善し悪しを申し上げる立場にはありませんが、全国的に自治体議員のなり手不足で、無投票当選が増えていることが何よりの証左です。

勿論、投票率の低下については候補者の資質の責任が一番だと思っていますが、今回の選挙で選挙に行こうと決めていない方は是非「候補者予定者が何に取り組んできたのか」「これから何を取り組もうとしているのか」を市議会のHP、議員のHPや選挙公報で確認する。そして、機会があれば候補者の訴えを直接聞くなどをしていただき大切な一票を投じていただきたいと願っています。これ以上投票率を下げないために、議会・議員のレベルを下げさせないために。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ