FC2ブログ

防犯灯の制度設計

4年前から求めてきた町内会が管理している防犯灯を27年度内にLED化する事業の制度設計が大詰めを迎えています。この事業は市内の7,500基を全てLED化にするもので事業費は3億2千万円を要する大事業となっています。
27年度予算委員会において、この制度設計についてはライフサイクルコストを意識し、将来において後悔することのないように市民や町内会の側に立った検討を進めるべきと指摘しました。
具体的に言うと、一般的な防犯灯の寿命は6万時間(約15年間)となっており、この手の商品の層は厚くなっております。しかし、技術が進み値段もほぼ同じで9万時間(約20年)の防犯灯も出てきていることを知りました。初期の導入費用は、市が負担することになりますが、次期の更新時は大きな町内会負担となりますので、より長寿命の方が望ましいというのは当然のことだと思ったからです。

先般、この制度設計の検討状況を担当課に確認したところ、いまのところ6万時間以上を考えているとのことでした。つまりは、寿命が6万時間以上の防犯灯であれば、受注する電気工事会社が数ある商品の中から選んで設置すれば良いという考え方です。
私は、これについては反対です。3年ほど前に防犯灯のLED化について市に提案するために一緒に勉強会を作りませんかとある電気工事店に話をしたときに帰ってきた返事は「長寿命のLEDにすると3年に1回の電球交換の仕事がなくなるので反対だ」と言われたことを記憶しています。これが、業界全ての考え方だとは思いませんが、より長寿命の防犯灯が同じ値段で仕入れできても、より寿命の短いものを選ぶ心配があるからです。。。私が工事店ならそうするかも知れません。

昨日も、メーカーに問い合わせし、寿命が8万時間と6万時間では、20年間における導入設置費と維持管理で4.5億円の違いが出るという資料をいただいたり、8万時間以上の防犯灯商品が3社あるという資料などを担当課に届けました。
担当者も業界を気にし過ぎてかなり頭を悩ませている様子ですが、取り返しのつかないことだけに市民や町内会に不信感を持たれないよう、また今後の15年間、20年間において後悔のないしっかりとした制度設計を求めたいと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

一般市民, 05/22, 2015 - 13:08 | 編集

防犯灯

市民のお金を預かる市役所が、良いものを使わないのはなぜ?
説明してほしいです。

一般市民, 05/22, 2015 - 13:12 | 編集

防犯灯

将来、町内会負担、即ち市民の負担です。
私は、そんなお金は払いたくありません。

松井雅宏, 05/23, 2015 - 07:52 | 編集

No title

一市民さんへ
コメントいただき有難うございます。
私もあなたと同様の考えに立ち、議論や提案をしているところです。
4年間にわたり、提案し続けてきた事業ですので思い入れもあり、今後の推移を市民目線でしっかりチェックしてまいりたいと思っています。

, 08/29, 2015 - 21:28 | 編集

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

松井雅宏, 08/31, 2015 - 17:55 | 編集

Re: 防犯灯交換工事

市民さん

コメントをいただき有難うございます。
お返事を書きこみましたが、前段の市民さんのコメントが非開示となっており、第3者がご覧になった際には理解不能だと思い直ぐ削除しました。
私もお伝えしたいことがあります。返信先のアドレスを教えていただければそちらにお返事させていただきますので宜しくお願いします。

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ