FC2ブログ

安保関連法案の行方

昨日、衆議院平和安全法制特別委員会において、安全保障関連法案が与党の強行採決によって可決しました。その様子がテレビを始めとするマスコミで繰り返し報道されていますが、同時に本法案の可決を受けて国家前や全国各地での若者や市民団体の抗議行動の様子も映し出されています。
全国の多くの自治体議会でも安保法案の見直しや慎重審議を求める意見書が提出されており、苫小牧市議会でも6月定例議会で国民の理解を前提とした慎重審議を求める意見書が全会派一致で採択されています。
この安保法案は、衆議院の本会議が開かれて可決し、議論の舞台は参議院に移されます。しかし、参議院が衆議院で可決された法律案を受け取ってから60日以内に議決しない場合、もしくは否決した場合に衆議院に戻されて3分の2の数を持って可決される仕組みになっています。
今後も国民の抗議行動の輪が広がり、世論の声も高まると予想され、平和や政治について真剣に考える機会になるのではないかと思います。
昨日は改めて国民の声に耳を傾ける日本の政治であってほしいと願う一日でもありました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ