FC2ブログ

ダチョウの話

新年の挨拶回り、まだまだ続いています。昨日は、明野方面を廻ってきました。
3日連続で政府専用機が上空を飛んでいました。洞爺湖サミットに向けての訓練でもしているのでしょうか。

 夜に中小企業化同友会の新年交例会に参加しました。新春講演として「日本発のダチョウ生産法人の戦略」と題し、旧東藻琴村の小久保さんのお話をお聞きしました。95年からの取組みで全国にダチョウ生産牧場を広め、生産から食肉、皮なめし、羽ばたき、クリームなどの製品や販売も手がけている挑戦過程のお話でした。
 特に印象に残ったのは、ご本人が48才から挑戦したこの事業ですが、一日も早くダチョウを生産する一人前の酪農家になるために取り組んだことです。
 一人前の酪農家になるのには、長い年月かけた経験と勘が必要であるが、それをカバーするために『観察』に力点をおいたというのです。その『観察』も漠然と見ているのではなくて、『観察』の項目を細分化して、数値化・データー化するのだそうです。そうすることによって、中々伝わりにくい酪農技術をだい3者に伝え、酪農技術の水準を飛躍的に上げていくことが出来るそうです。
 この考え方は、酪農のみならず、多方面で応用が利くのではないかと感じました。少し『観察』を意識してみようかと思っています。
 写真はダチョウの卵です。普通の玉子の25個分はあるのだそうです。

20080110181806.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

dentok, 01/12, 2008 - 09:36 | 編集

ダチョウの卵

松井さん、おはようございます。
ダチョウの卵ですが、数年前に鹿児島旅行をしたときに、観光バスで指宿の方を回ったときにダチョウ牧場がありました。
寒い北海道でも大丈夫なのですね?
とかく観光するところが少ないとまこまいなので、良いと思います。
沼ノ端も特急が止まるようになったし、苫小牧駅周辺はホテルがいくつか出来て良い感じです。
あとは、道の駅と中央インターが出来るとうれしいですね。
それでは、今年も苫小牧市のために頑張ってください<(_ _)>

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ