FC2ブログ

指定管理について

今年の4月から、市内に4館あるコミセンの指定管理者指定を受けた事業所さんに採用の応募にいったAさんからお話をお聞きしました。
 面接者を集めた説明の中で、この受託業者は『生協というシステムを採っているので、採用された方は出資者になってもらう。その額は採用時に5万円。1年間、勤続したら2カ月分の給与分を出資貰う。』というものであったそうです。Aさんは「退職後の総会を経て出資金は返金されるというものの、時給600円代で採用されるものに、これらの出資を求めるのは市の事業を受託する事業者として相応しいものなのか。」と疑問を呈しておられました。
 
 私もはじめて聞く話なので、状況を確認しに担当課に事実関係をお聞きしました。
①出資金の話は事実なのか。また、それを市は承知していながら指定管理者に選定したのか。②もし、事実であれば市の受託業者として相応しいものなのか。 という2点についてお聞きしました。
担当者からは
①市は承知している。法律で許されていることなので問題ない。②事業所の採用・雇用について関知しない。旨の返答がありました。

 この話を聞いてから、私の中に出来た違和感が払拭できません。確かに法律的に問題は無くとも、また、この事業者さんが全国に実績があり、業界ナンバーワンだとしても。
市の事業を受託して、その採用と引き換えに出資金を募っているというのが…これが、事実としたならば。
今回の採用枠の51名に対し200名ほどが応募していると聞きました。応募した皆さんはどう思われているのでしょうか?
自分を応募した立場に置いて考えると、どうも納得いかないのです。
私は、この指定管理者選定の議案に対して、地元事業者を採用すべきだという立場から質問した経緯もありますが、それとはまた別のテーマとして、更に調査し議論する機会をつくりたいと思っています。
 

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ