FC2ブログ

合同審査会

今朝5時半頃、何時ものように、ごん太に顔ペロペロ攻撃を受け起され、渋々散歩に出たら何と雪が積もっていました。10cm以上は積もっていた思われますが、散歩後に今シーズン初めての雪かきをしました。まだ、隣近所が起きださないうちに雪かきを済ませるのは中々気持ちの良いもんだと初めて気づきました。

 昨日、総合開発特別委員会と厚生委員会の連合審査会が開かれ、サニックスエナジーの社長を初めとする関係者を参考人として招き質疑が行われました。
 主に事故原因、住民説明、再発防止、燃料補完などについて説明をいただきましたが、市の要請に反して操業再開が行われたという部分については、これまで私たちが市から受けていた説明とは異なるものでありました。
 私は、 この場での質問はしませんでしたが、会社側は真面目に受け答えをされていた印象を持つと共に、「今度事故を起したら最後だと思っている。」という社長の言葉に象徴されるように、再発防止に向けた強い決意を感じたしだいです。今後の信頼回復のための社挙げての取組みを期待いたします。

 午後から開かれた総合開発特別委員会で、2月か3月にも予想されている千歳基地における米軍機訓練移転の問題について、以下の観点から4項目にわたり質問いたしました。
①年明けの8日、自衛隊百里基地のF15戦闘機水平尾翼脱落事故についての市の受け止め方は、市民の安全を守るという立場からは甘いのではないか。②昨年11月の当委員会で私が提案した、訓練前・訓練中・訓練後にわたり北海道防衛局と市が行う、安心・安全対策のマニュアルを公開を早急にすべき。③訓練が予想されている期間は、市にとって最も大切な予算議会の最中であり、様々な支障が出ることから、この時期はさけるよう防衛省側に強く申し入れすべき。④訓練はF16で行われる可能性があるが、市長が訓練移転受け入れの苦渋の決断した理由に上げられた沖縄の負担軽減は、F15戦闘機以外の訓練がされるのであれば齟齬が出る。

 いづれも大切な問題でありますが、特に百里の事故は、未だ原因が分からず、10キロもの水平尾翼が落下したが、何処に落ちたかも分からない、重大な事故です。当然、千歳基地で行われる場合は植苗・沼ノ端・勇払を初めとする住宅地上空も飛ぶのですから、再発防止策も含め防衛省に問合せの上、資料を当委員会に提出するよう求めさせて頂きました。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ