FC2ブログ

統一選挙の再統一

今朝の苫小牧は気持ちの良い青空が広がっています。
春の楽しみで、撰酒会の山菜採り日帰りツアーが毎年行われてますが、今年は行事が重なってしまいました。。。残念

苫小牧の市長選挙と市議会議員選挙の時期が元市長の辞職によりズレていることから約3000万円の余分な経費がかかっています。
以前から、これを何とかできないかと議会内で話があり色々調べてみると公職選挙法の関係で、市議会が任期満了前の市長選挙に合わせて解散するしかないといしうことが分かってきました。
そんなときに、先月の定例議会に市民の会から、市長選挙と市議選の統一させることを求める陳情が市議会に提出され、議会運営委員会で2回ほど審議されています。
私たちの会派ではこの陳情を「採択」して、実現に向けて議論していこうという立場ですが、他の会派には反対を含めて様々な意見があるようです。

2年ほど前に、民主党の事務局に調べてもらったところ、全国にこの様なケースで議会の解散によって市長選挙と市議選挙を統一したケースは、1自治体しか無かったように記憶しています。議論した自治体は数多くあっても、議会の解散には「議員数の四分の三以上の者が出席し、その五分の四以上の者の同意がなければならない」とされており高いハードルがあるのです。
この陳情に対する賛成の意見も反対の意見も、どちらが正しくでどちらが間違っているとは言えず非常に悩ましい問題です。

そこでいつも感じることは、私が議員秘書で東京にいた頃に、自治体選挙の首長と議会選挙が同時に行われているのが3割程度しかなく、もはや統一自治体選挙と言えないことから、全国的にこの選挙時期を合わすための法案が吊るされたことを思い出すのです。結局は、法案は審議未了のまま廃案となってしまいました。
選挙費用は、その殆どが国の補助金で賄われいますが、この事を実現させれば全国で3桁の億円という効果額が出るのではないかと思います。
地元で国政を目指している知人にこの事を伝えて、勉強し公約の一つとして掲げてもらいたいと密かに思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ