FC2ブログ

先週末

この週末は、日曜日に開催されたお世話になっいる団体の焼き肉懇親会に出席した以外は、特別な行事もなく本を読んだり、書道をしたり、ジムに行ったりして過ごさせていただきました。

会派のメンバーから石原慎太郎著の田中角栄の一生を書いた「天才」という本を貸しいいただき読みました。石原慎太郎の政敵だった田中角栄の一生を一人称で描くという面白い読み物でした。
幼少期の吃音コンプレックスから政界入り、角福戦争やロッキード事件の内幕、家族との軋轢までが、すべて「角栄目線」で描かれています。
昭和51年のロッキード事件は、当時中学校3年生だった私にも強烈な印象を残しました。最近まで総理大臣だった収賄事件で逮捕され収監されるという前代未聞の事件で政治腐敗と政治不振と政界再編の始まりだったとも言われています。しかし、この本でも依然として謎の多い事件だったと振り返っています。
田中角栄が亡くなり20年が経っていますが、「日本列島改造論」を掲げて戦後日本を大きく変えた功績が政治家だけではなく、国民にも見直されてきているそうです。
正直に言ってこれまで田中角栄には良い印象を持っていなかった私ですが、人間として、そして政治家としての器の大きさに改めて気づいた一冊でした。
IMG_0403.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ