FC2ブログ

医ケア児ショートステイ

昨日、同僚議員と共に北海道庁に伺い、道が進めている医療的ケアを必要とする重症身心障がい児者(医ケア児)のショートスティの基盤整備について勉強させていただきました。
この件については、本年4月に医ケア児の保護者の方と会派メンバーとの懇談会をコーディネートさせていただいていますが、皆さんとのお付き合いは2年前に議会議論で西小学校の肢体不自由学級に看護師資格を持った介添え人を配置するように求め実現したところからのご縁です。
医ケア児とは、人工呼吸器による呼吸管理や進行性筋委縮症にり患していたり重度の知的障害及び重度の肢体不自由が重複しているなど常に医療的なケアや見守りを必要とし、在宅で暮らしているお子さんのことをいいます。市内には20名ほどがいらっしゃいます。
この子たちを育てている親御さんのご苦労は想像を絶するものがありますが、その親御さんが短期的入所が可能な医ケア児ショートステイの設置を望んでいることを知り、勉強させていただいてます。
道内には、札幌市を中心に函館市、小樽市、旭川市、帯広市など19か所の事業者がありますが、苫小牧市を始め必要とされていながら、残念ながら設置されていない自治体が多くあります。
北海道はこれらの現状を打開すべく今年度から北海道医師会と連携して、基盤整備に向けて動き出しており、苫小牧市としてもどの様に可能性を探っていけばよいのかという糸口を探りに伺った次第です。
職員の方からの丁寧な説明を受け、一足飛びに実現することは難しいところではありますが、今後においてまず何をしなければならないかというイメージは掴んで帰ってまいりました。医ケア児ショートステイの設置実現に向けて更に努力してまいりたいと思っています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ