FC2ブログ

定例会開会

ひと雨ごとに涼しくなってきていますが、今日も台風13号が温帯低気圧に変わり雨の朝を迎えています。

昨日、9月定例議会が開会しました。
7月7日に啓北中学校で発生した草刈り事故の報告に対して4名の議員が登壇し、繰り返される草刈り時の事故発生の原因と再発防止策についての議論が交わされました。
改革フォーラムからも牧田議員が質問に立ち、7月7日の発生した事故に関連する各学校への注意喚起が行われれまで2週間もの時間を要していること、この間においても他校において安全対策のマニュアル通りに草刈りが行われていない事実を取り上げて市教委の見解を質しました。
草刈り事故については今回で3回目となり、一歩間違えば人身事故に繋がりかねないものであり注視しておりましたが、啓北中の事故発生後の7月14日に東中学校において通行人がある歩道に出て安全柵も設置せずに草刈りをしている現場を目撃し、我が目を疑いつつも市教委に見解を質した経緯もありました。
昨日の議論では、民間民間業者に委託を含めて検討するとしていましたが、むしろ私たちの会派が何年も前から求めている公務補のグループ化による共同作業を直ちに実現すべきだと考えています。

昨日、お昼の休憩時間に本会議場で市議会が主催する初の議場コンサートが開催され200名の市民が参加されました。苫小牧出身の洗足学園音大講師の金井隆子さんによるソプラノ独唱の全9曲が披露されました。
市民に議会に足を運んで身近に感じていただこうという趣旨で開会されましたが、市議会始まって以来の大勢の市民が本会議場に足を運んでいただき、とても良い企画ではなかったかと感じています。
コンサートが無くとも、市民が議会に興味を持って足を運んでいただけるよう努めていかなくては…と感じた次第です。
(写真は同僚議員が撮ったものもらいましたが、アングルがイマイチでした)
IMG_0696.jpg

午後から一般質問に入り、西野茂樹議員、桜井忠議員、岩田典一議員の3名が登壇し、空港民営化や東胆振圏地域医療構想などについて議論が交わされました。

夜は、苫小牧市医師会館で北海道が主催する「地域医療構想 東胆振・日高地域説明会」に参加しました。東胆振・日高管内の医療や介護、そして自治体などの関係者約100名が出席し、北海道から2025年に必要とされる様々な地域の医療資源の整備に向けてどの様に取り組んでいくべきなのか問題提起がなされました。
この問題は、医療と介護、更には今後の「まちづくり」に直結していく課題だけに、私たち議員もしっかり勉強していかなくてはならないと考えています。
DSCF2942.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ