FC2ブログ

自立支援策

昨日は、会派の「平成29年度予算・政策要望」の提出に向けた項目をチェックする作業を行いました。28年度の予算編成時に要望した48項目のうち、自分が提案した項目を中心に取り組み状況や進捗度を各担当課に問い合わせをしながら、新年度に向けて修正などを加えています。
具体的には、「塗装や板金などの専門工種への優先・分離発注」「中小企業振興推進計画の策定」「市営住宅における畳の修繕」「市道幹線道路の街路灯の全面的なLED化」などについて確認をとり修正しました。
尚、「準防火地域の縮小に向けた見直し」、「小中学校校舎・体育館の耐震耐震工事」、「冬期間における小学校同好会活動の暖房導入」などは今年度で取り組みが実現しています。
この作業は、本日も取り組み予定です。

先の決算委員会で質疑されて気になっていた「障がい者雇用」と「生活保護者」の自立支援としての取り組みについて、各担当者から資料を取り寄せて、ある水産加工の事業者さんに紹介させていただきました。
この事業者さんは、人手不足により海外から3年間の期限付きで研修生を受け入れていると以前に聞いたのを思い出して、これらの支援策と上手くマッチングできないかと思ったのです。
「障がい者雇用」については、100人以上の常用雇用がある事業者には、法定雇用率2%が課せられており、これをクリアしなければ月額5万円のペナルティーを納付しなければなりませんが、採用した場合には事業所に対する国や市の補助金が支給されるなどのインセンティブが与えられます。
一方、働く意欲のある生活保護者の自立支援策には、ハローワークや市の担当課で一生懸命に取り組んでいるものの、事業所に対する上記のようなインセンティブは現在のところは無く、その必要性を感じました。
いづれも、前向きな検討をしていただけるというお話でしたので、一人でも多くの障がい者や働く意欲のある生活保護者の自立支援に繋がらればと期待しています。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ