FC2ブログ

地域鉄道の維持について

7時19分現在、福島県地方を中心に津波警報が発令されました。テレビでは直ちに避難するように呼び掛けておりますが、被害が発生しないように祈るばかりです。

昨日、民主議員ネット北海道秋季研修会の研修Ⅲとして北海道教育大学札幌分校の武田泉教授による「今後の地域鉄道のあり方にを考える」と題した講演が行われました。
先週の金曜日にJR北海道が道内の維持困難路線が発表されておりますが、武田教授は利用者の立場で鉄道の利用条件の改善を求める研究をされており、受講者である我々にとって全くタイムリーな講演となりました。
鉄路の廃止は地域の破壊を意味し、出来る限り路線を残すために行政や地方議会はどう動かねばならないかという観点が特に印象に残りました。地域鉄道を残すために「予算のあるところに行くべき」「自治体においても鉄道に対する専門家を育てる」「交通政策基本法の深掘り」「鉄道事業法から軌道法に格下げし旧道路財源を投入」「路線将来像を議論する協議会のあり方」などが語られました。
私のキャリアにおいて鉄道のことは全くと言っていいほど勉強してこなかったので、講演の内容をすべて理解できたわけではありませんが、何について勉強しなければならないか課題が3つほど見つかりましたので、この取り組みを進めたいと思っています。
DSCF3080.jpg

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ