FC2ブログ

会議所新年交礼会

昨夜、苫小牧商工会議所の新年交礼会が開催されました。
主催者を代表して宮本会頭は新年の挨拶の中で、新年の商工会議所の課題として電力コスト増の対応、水素エネルギーの利活用の検討、人手不足の対応として工業系のサテライトキャンパスの誘致などを掲げられました。
また、岩倉市長は来賓あいさつの中で水素エネルギーの取り組み、苫東への自動運転試験場(テストコース)の誘致 、臨海地区の高度化、臨空地区へのIR誘致、更には本年10月に開催が予定されている全国女性会議のPRをされていました。
苫小牧選出の遠藤道議会議長は、意外なことに苫小牧に外国人旅行客が1日5,000人が訪れている。この状況を如何に知恵を出して地元の活性化に繋げることが大切だと述べられていました。
相場格言で「申酉(さるとり)騒ぐ」の酉年という言葉があるそうですが、地元の経済や雇用が良い意味で賑やかな年になれば良いなと思います。

シリーズ 改革フォーラム2017政策・予算要望
7.航空機騒音対策及び航路直下地域の安全対策の推進
航空機騒音対策及び航路直下地域の安全対策を進め、航路直下の住民が安心して過ごせる地域づくりを進めることを求め、深夜・早朝時間帯発着枠拡大の合意による、住宅防音対策の早期完了及び地域振興対策の早期実現を求めます。

【回答】(総合政策部空港政策課 担当)
安心して過ごせる地域づくりについては、市と航路下地域の代表者で構成する航空機騒音対策協議会により、国土交通省や防衛省等を訪問し、「騒音の軽減」や「安全の確保」に関する要望活動を行っております。
米軍再編の関係では、平成19年に北海道防衛局と「千歳基地への訓練移転に関する協定」を締結し、さらに協定内容についての「協議・確認書」を取り交わしており、国に対し、協定の遵守はもとより、機体点検の徹底や米軍人の規律維持などについても要請しているところです。
今後も市民の皆さんの不安や懸念が払拭され安心・安全な生活が確保されるよう、これまでと同様に要請してまいります。
また、新千歳空港の深夜・早朝時間帯発着枠拡大に伴う、住宅防音対策及び地域振興対策につきましては、現在、地域の意向を踏まえながら、順次、取組を進めているところであり、いずれも早期完了に向けて、着実に実施してまいります。

コメントの投稿


非公開コメント

コメント

松井雅宏の「日暮つづり」

議員としての活動や日々の生活の中で感じたことを書いています。

サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
最近の記事
最近のコメント
プロフィール

松井雅宏

Author:松井雅宏
松井雅宏 「日暮つづり」へようこそ!
松井雅宏 ホームページは下記へ
http://m-matsui.jp/

最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
カテゴリー
このページのトップへ